ラブライブ!-school idol project- #6「センターは誰だ?」

llre1_6_00002llre1_6_00003llre1_6_00005
今回は素直なμ’sメンバーの掘り下げ回ですね。
穂乃果さんの授業シーン勉強してるとこ一個もない…。

 

llre1_6_00008
かわいい。

 

llre1_6_00009llre1_6_00010llre1_6_00011
μ’sの色々な表情を見せる今回。
引きの画の顔が今回特にかわいい。凛ちゃんのまんまるな目とか。
そしてPVの監督という立場から、希が自然とμ’sの中に入っていくのが上手い。

 

llre1_6_00012llre1_6_00013
穂乃果さんが何もしてないことが判明し、表題の「センターは誰だ」という話に。

そもそもアニメ前のPVだとメインになるキャラが毎回変わってたので、
正直誰が中心かっていうのはあんまり気にしなかったなー。
穂乃果さんは1stの暫定センターからG’sで投票受けて2ndで確定センターになって、だっけ?

 

llre1_6_00014
カラオケシーン。
歌唱レッスンの効果があがっている、というシーンでもあるのですが、
バックで流れてるラブノベルスが気になってしょうがない。
この辺で当時、μ’sが結成したあとに作られた劇中劇なのでは、って考察あったな。
愛してるばんざーいも1話で歌われてたし。
ただ2期の卒業式でも歌われてたことから、この世界での既存曲を後にμ’sがカバーしたという可能性もあるのかな。

 

llre1_6_00018
人を引っ張り前に進むリーダーとしての素質。
真希ちゃんが早々に認めてくれてるのが良い。素敵。
ラブライブはCGでもやるからか、アニメパートでもライティングが凄い綺麗ね。

 

llre1_6_00019llre1_6_00020llre1_6_00021
llre1_6_00022llre1_6_00023llre1_6_00024
これからのsomeday。
今回は作画よりCGパートの割合が高めなんだけど、
CGのクオリティが高くて作画とCGの差があんま感じられないのが凄い。
特にことうみパートが本当にカットによってはCGとの区別つかない。
TVシリーズでは一番CGのクオリティ高かったんじゃないだろうか。

 

どうやらアニマという制作スタジオの作だそうで、
OPの「僕らは今の中で」なども担当しているそう。
公式HP見たら名だたるビッグタイトルのCGいっぱい担当してた。

 

μ’sのリーダーはやっぱり穂乃果さんだ!という話を見せ終わったので、
次回からμ’s結成編最終章です!