感想日記

9/25 サイトデザインの調整中

今から見返す蒼穹のファフナー第1期 #5「約束~ちかい~」2015/12/13 


fafner1_00068fafner1_00069
真矢の趣味であるフリークライミング。
2期ではそんな余裕ないのかやってませんが…。

落ちそうになったところを総士に助けられますが、そこに一騎の姿を重ねる真矢。総士かわいそう。

 

fafner1_00071
「そんなに一騎くんの心に入り込みたいの?」
総士→一騎のラインは序盤から割と強くあるんですけど、一騎→総士のラインは実は中盤くらいにならないと確立されないんですよね。
総士にとって一騎は自分を定義する傷をくれた人ですが、一騎にとって総士は自分がうっかり傷つけてしまった苦い過去。
しかもアルヴィス側から自分を非日常に連れてきた存在でもあり、素直には受け入れがたい。

 

fafner1_00072fafner1_00073
一方、4話で遭遇した人類軍からは通信の要請。
人類からもフェストゥムからも隠れてきた竜宮島は新国連から追われています。

新国連の論調は、フェストゥムに対して人類は協調を取るべきで、島の戦力は人類全体のために使われるべき、というもの。
竜宮島が人類からも逃げなければいけなくなったのは新国連のせいなんですがね。

しかし島のファフナーの戦闘力は破格で、新国連からすればなんとしても手に入れたい。
そしてそれは島がミールと共存できているからこそのもの。
島のファフナーはミールから手に入れたコアを動力源にしているため、現在人類軍が使っている戦力よりはるかに強力です。

 

fafner1_00074
史彦はロールアウト間近のマークゼクスを人類軍に引き渡すことで戦火を逃れようとする。
この交渉の背景に史彦と容子さんは何者かの存在を疑っていましたが、これはミツヒロのことでしょうかね。
「千鶴さんにはこのことは…」って言ってたし。

 

fafner1_00078
と思ってたらその回のうちにミツヒロ出てきてた。
こいつこんな早く登場してたんだな。

 

fafner1_00075fafner1_00076
アルヴィス内で一騎を待つ翔子。
来たと思ったら甲洋で表情を曇らせるのがひどい。まだ中学生だからしょうがないけど…。
もうちょっと甲洋に優しくしてあげて…家族からも愛されてない可哀想な子なんだから…。

 

fafner1_00077
これとか本当に可哀想。ある意味青春ではあるけど、この後翔子も甲洋もロクでもないことになるの知って見てると一層辛い。

 

fafner1_00079
マークゼクス引き渡しの前に、新国連の船に現れるフェストゥム。
この回のアルヴィス側の反応見てて気付いたけど
ソロモンの予言=この後フェストゥムが出る(実体化前)
ソロモンに応答=フェストゥムが出た(実体化後)
みたいね。

 

fafner1_00080
予備動作なしのワームスフィア一発で護衛艦が沈む恐怖。
人類とはスペックが違いすぎる…。

新国連からは救援の要請。
日本人滅ぼしかけて今なお竜宮島へ脅迫までしてるくせに図々しすぎる…。

とは言え、新国連の事務総長は残存人類20億人の頭です。
ここで見殺しにすれば、本当に人類が滅びかねない。

 

fafner1_00082fafner1_00083
「わたしは、あなたの帰ってくる場所を守っています」
出撃する一騎に声をかける翔子。
単騎で戦う一騎にとっては、帰るべき日常の存在は非常に大切なもの。
一騎にとっての戦う理由になり得ますね。

 

fafner1_00084fafner1_00085
いいぞ!やれスフィンクス型!
と思ってしまう名シーン。

 

fafner1_00086fafner1_00087
しかし一騎を向かわせた直後、再びソロモンの予言。島の直上に新たなフェストゥムが到来。
敵が2体以上出現するのは初めてですね。

マークエルフはリンドブルムに搭乗して出てしまっているので、すぐには戻れません。
ヴェルシールドを展開するも、2期と違ってこの頃のヴェルシールドは弱く、2層までしかありません。
2期では8層あって、敵の攻撃もあらかた止めてくれるのですが、1期の頃のヴェルシールドは破られるのが基本。弱いです。

 

fafner1_00088
一騎の帰る場所を侵略するフェストゥムを見つめる翔子。

 

約束は一人だけのものじゃない。

わかっていたんだ…彼女だけは。

次回「翔空~ぎせい~」。

更新履歴
カテゴリ一覧