感想日記

9/25 サイトデザインの調整中

HGBF ガンダムX魔王2013/11/10 


※2013/11/11 画像ちょっと追加しました


ガンダムビルドファイターズに登場する「ガンプラ」である魔王X。
ビルドストライク、ザクアメイジング同様「ロボット」としての設定が無いガンプラです。

それにしても…まさかXからこんな形でリファイン、
2013年にもなってぐりんぐりん動くアニメーションでXが見られるとは思っていませんでした。
HGAWが出たり、DXも出たり、MGが内定してたり、と急に動きが多くなってきたガンダムX。
これを期に再評価の機運が高まるといいなあ。


というのはさておき、魔王Xです。
アニメではまだ「妄想バトル」でしか動いていないのが惜しいところですが、
プラフスキー粒子を活かした武装、サテライトキャノンなど見どころは見せてくれた魔王X。
特徴的だった逆手持ちのサテライトキャノンはプラモでも完全再現されています。



バックパックからキャノンお尻に繋がるアームがもう死ぬほどフレキシブルに可動し、
大抵の位置に移動させることができます。


構えて


引き抜く抜刀アクションも再現できます。
サテライトキャノンにサーベルが付いているのは原作どおりだけど、
腰だめに構えることで日本刀風のアクションを再現するとは驚きました。

最近出たばかりであるHGAWを原型としているだけあって、スタイルや可動は良好です。
新規パーツは肩・腕と足の追加パーツ、あとはバックパックかな?
アンテナが魔王オリジナルのデザインになっていますが、ランナーの都合上オリジナルGXのもついてきます。

関節を挟み込む構造が多く、その点はちょっと面倒臭いものがありますが
その代わり合わせ目は上手く隠されていたり、段落ちモールド処理がされていたりと
そもそも合わせ目消しをする必要がないように構成されています。

目立ちそうなのは腕の内側(外側は腕の装甲で隠れる)と、肩か。
腕はともかく、肩は後ハメ加工不要なのですぐ消せるかと。

特徴的な紫のパネルラインがシールだったのはちょっと惜しいところ。
HGでこのラインを別パーツに分けろというのは酷か。


シールドバスターライフルは銃モードと盾モードの両方がついてきます。
昔のHGは確か差し替えで一個だけついてくる仕様だった気がするなあ。


というわけでサーフェイサーを吹きました。
やっぱり単色のプラモデルは本当にかっこいいわ…クリアパーツも映える…。


もうこれ完成でもよくね…?
キャノンにいまいち綺麗にサフ乗ってませんけど…。


まだ考え中だけど、グレーサフの色味とパネルラインを利用して
スターゲイザーみたいな色に仕上げたいなーと思っています。

てことで魔王Xでした。
もう本当に良い出来。こんなXが現代にキット化されるなんて、と神の存在を信じたくなる。
アニメでもすごい動いてかっこ良く決めてたし、マオ君も今後ライバルとして活躍してくれそうだし。
これは後継機として大魔王DXを期待せざるを得ない。

更新履歴
カテゴリ一覧