解放少女(iPhone版)


以前レビューしたLEVEL5製のオムニバスゲームのひとつ「解放少女」のiPhone版です。
確か定価は600円くらいはしたと思うのですが、今は期間限定で200円で買えます。
買った。

本作は空対地のアクション・シューティングゲーム。


広大なマップを飛び回りながら敵機や拠点を制圧、敵国に支配された日本を開放するというものです。
敵機がすべて拠点型で、自分と同型機の「戦闘機」は一切出ないのが特徴か。
地上に設置されている砲台や戦艦、クサビと呼ばれる拠点型巨大兵器が戦う敵となります。


右上の丸いのがクサビ。
動かないので攻撃を当てるのは簡単ですが、その分多様な攻撃をしてきたり。

ちなみに自機の周りに飛んでいるビットがシールド兼弾丸。
これを飛ばして攻撃するのですが、飛ばし過ぎると守りきれずダメージを受けてしまいます。
敵を撃墜するほどチャージされていくので、使いすぎず敵を倒しつつ被弾を回避して…という攻防になります。

が、正直ボス戦でもない限り乱打してても大丈夫です。
難易度上げるとわからないけど。

iPhone版はタッチパネルを活かして、
左下の丸いキーで移動、敵を直接タップして攻撃という3DS版より直感的な操作が可能です。
ペンより指の方が太いので、画面が隠れるのはいかんともしがたいところですが…。

操作系等が異なる以外は、殆ど3DS版を綺麗にベタ移植です。
いやむしろ画質が向上してる分バージョンアップと言えるかもしれない。


等倍だとこの画面サイズ。もうPS2クラスやね。
10年前の自分に携帯でこんなゲームできるぜって言ったら信じたでしょうか…。


本作は演出がとても上手くて、
特に1・5面のボス戦時に流れる挿入歌と、
各ステージボスを倒すときの「特攻」がもうとにかくかっこいい。

特攻はアクション自体は画面をぐるぐるタッチするだけなんだけど、
シンプルな分「敵を撃墜するための最後の一撃」感が出ててとても良いんです。
やっぱロボットものの最後の一撃は全身での特攻だよね。




アニメシーンももちろん収録です。
高解像度で見るアニメは3DS版より綺麗でカッコイイ!
3Dでないのはさすがに仕方ない。

というわけで2度目の感想でしたが、解放少女でした。
今なら200円なのでぜひ!
そして一緒に「短けーよこれ!」って叫ぼう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。