今週のジャンプ 2016年21・22合併号

ゴールデンウィーク合併号!
意識してか「引き」の強い漫画が多かったと思います。
焦らしよって!

 

僕のヒーローアカデミア
2016_2122_02
手マンの過去話。
なんと彼の苗字は「志村」。そうオールマイトの前のワンフォーオール所有者と同じ苗字です。

どういう経緯かわからないけど、ヒーローが負けてその子供が何故か浮浪者?になったのかな。
そこに声をかけたのがオールフォーワン所持者って、これ完全にマッチポンプですよね…。

というかこの人、完全に体の不調なんて関係ないくらい最強っぽいんですが、ヒーローに勝ち目はあるんでしょうか。
あと「先生」が「オールフォーワン所持者」と同一人物かどうかもちょっと微妙。なんかミスリード仕込んでありそう。

 

ハイキュー!!
2016_2122_05
戸美のチート気味な手口の一つ。
個人的には審判にライン隠して判定ごまかすっていうのは「反則」っぽく感じるなあ。
勝つために手段は選ばない、という言い分の枠外にあると思う。
審判への妨害って大抵のスポーツで反則なんじゃないかな。
これはますます音駒に勝って欲しい。

 

2016_2122_03
そして番外編。田中でめっちゃ笑った。
久しぶりに烏野の面々が見れて、しかも楽しそうにしてて良かったです。
スガさん一人でつっこんでて大変そう。

 

HUNTER×HUNTER
2016_2122_04
なんで先週の展開から来ていきなり天空闘技場なんだよ!?
いやヒソカVSクロロとか長いこと引っ張ったし楽しみだけどさ!
またクラピカ側の事情忘れるっつうの!

念を使ったタイマンバトルを見るのはすっごい久しぶりで、しかも相手がなんでもありのクロロということで、派手かつ手数も多い見応えあるバトルになってますね。
クロロの顔がだいぶ変わってるのがちょっと気になるけど…。

しかしまぁ、セリフが多いのに割と読みやすくて、その辺冨樫義博はすごいなあと思います。
HUNTER×HUNTERは特に「前提となるルール」を説明した上で「予想もしない解法」を見せるのが上手いので、今回クロロが能力を説明したのがすごいワクワクに繋がっております。
ヒソカに勝って欲しい気もするけど、クロロが簡単に負けるとも思わないし、どうなるかすげえ楽しみになってます。

でもクラピカ編もちゃんとやってくれ頼む!

 

左門くんはサモナー
2016_2122_06
綺麗すぎてもはや誰だこいつ。

左門くんは時々綺麗な話やるけど、今回は特に美しいエピソードでした。
左門くんも普段からこうしてればいい男なのに…。

何気に後輩キャラが登場したのは初めてかな?
しかしこう、左門くんとてっしーのコンビは実に、こう…デコボコ夫婦の人助けストーリーでしたね。
今後加護ちゃんがてっしーと左門くんを取り合ったり?するんだろうか…てっしーが応じる気がしないけど…。

 

暗殺教室
2016_2122_07
4話に及ぶ番外編もこれにて完結。暗殺教室本当の最終回でした。
理不尽な逆境、殺し屋たちの機転、暗殺、手入れと暗殺教室の原点に帰るような構成でしたね。

じんわりと「暗殺教室好きだったなあ…」と思えるようないいエピソードだった。
最後の最後で初期の頃の雰囲気に帰ってくれるのすごい好きです。リボーンとかね。

 

ものの歩
2016_2122_08
結果的に信歩は敗北。
しかしだからこそ「それでもプロになりたい」という選択が際立つ。
「宿題達成したので奨励会行きます」じゃ逆にかっこつかないしね。

 

ワールドトリガー
2016_2122_09
玉狛第二の首狩り白うさぎが先制点をゲット。
ユーマはグラスホッパーの使い方が自由すぎる。似た機能の「弾」印があったおかげだろうか。

普通のワイヤーに注意して!と言った途端に普通のワイヤーに引っかかる香取ちゃんはもう狙ってるんですかね…。
本当進言されたとおりオサム放置してチカちゃん取りに行くのが正解ですよねこれ。
オサムがいくらスパイダー張り巡らせたって直接火力が上がるわけじゃないし、チカちゃんが落ちればワイヤーのないエリアで戦えるし。

まぁチカちゃん狙いで押し込もうとした時の対応も、オサムは考えているんだろうけど。
第二のメガネが羨ましそうにしてたのがちょっと切ない。

 

背すじをピン!と
2016_2122_10
ひらりんデビュー戦。この「勇気出して良かった」でちょっと泣きそうになっちゃった。
挑戦したものだけが得られる達成感ですね。

この漫画は確かに少年漫画なんだけど、かつて少年漫画を読んでいたオトナに刺さるシーンが多い気がする。
なんか登場人物たちを大人目線で応援したくなるんですよね。
それだけに若年層にファンがついてるのかちょっと不安でしたが、一周年も迎えたしその辺は安心かなー。