感想日記

1/11 あけましておめでとう

今週のジャンプ感想 2017年20号2017/04/18 



ジャンプの感想を書くブログやってるのに隔週更新は駄目だなと自覚はしている。

 

ハイキュー!!

連載5周年!
今ジャンプで一番応援してる漫画が安定して長寿連載になってくれることの嬉しさ。
といってもちゃんと読むようになってまだ1年半とかそれくらいだけど。

巻頭カラーで新ユニフォーム姿の烏野メンバーが見れたけど、先週影山が言ってたとおり日向が全身ミカン野郎で笑ってしまった。

ハイキューは連載初期の頃から多分意識してたと思うんだけど、どんな強豪相手でも必ず日向影山コンビの変人速攻を一発決めるよね。
主人公の特異性をアピールするとともに、強豪チームがとびきり小さい日向にかき回されることの爽快感よ。

実況も思わず一瞬黙ってしまうし、会場の強豪たちが注目する必殺の初見殺し!
なのに本人たちは抜けたこと考えてるのがまた面白い。
影山は日向の頭の中を過大評価していると思う。

 

僕のヒーローアカデミア

なんでもありの敵に対して、ヒーローは怪我人を出さぬように、かつ捕まえなくてはいけない。
久しぶりにちゃんとしたことを教えてくれる大人キャラが出てきて安心感がすごい。

ファットガムの個性は犯人確保のためにはめちゃ重要な個性だけど、あの個性無効化弾は多分効いてしまうんだろうし、そういう意味で切島くんは今回のエピソードで大事な仕事ができそう。
助けた市民にお礼を言われるくだりなど、本当久しぶりにヒーローが市民を守るシーンが見られたぞ。

ということでやっぱり最近のヒロアカの悪いところは全部デクの周りに集まっている。
路地裏で遭遇したとき普通に見送った女の子のことを今更気にかけ始めてびっくりした。
あの時オーバーホールは殺気をちらつかせて、女の子の善意を煽ってデクたちから引き離したわけだけど、その殺気にデクは全く気付かなかったんですよね。
あげくサーに「怖い感じはしなかった」とか言ってしまって。
要はデクは女の子を「ケガしてるけど『家庭の事情の範囲』というオーバーホールの発言の範疇と見て見過ごした」わけです。
デクの中で大きな出来事じゃなかったからこそ、あの後オールマイトに会ったときも、OFAの後継者問題の話しかしなかった。

オールマイトが見込んだデクなら、あそこで後先考えず助けようとしないといけなかったんですけどね。

それが今になって実は気にしてました風に言われると、デクが何を考えているのかわからなくなってくる。
心配してたならオーバーホールを見て「怖い感じはしなかった」なんて言っちゃ駄目だし、オールマイトに自分はどうするべきだったのか相談していたはず。

そしてもう一つ長らく感じてる疑問点なんだけど、本当なんで敵から守るために全寮制にしたのに生徒をインターンに出すのだろう。
3年通ううちのまだ1/6程度しか学校行ってないひよっこ連中なんだぞこいつら。
来週敵連合+ヤクザに冠する説明会があるっぽいけど、デクたちは参加させないための説明会であることを祈る。
切島くんがモロに仕事ありそうな感じだけど。

 

約束のネバーランド

まさかの若年層置いてけぼり作戦。
初期も初期から「全員で逃げる」ことを想定していたので、ここで方針転換は本当に読めなかった。

収穫時期があるから今は連れていけなくても大丈夫、という目論見ですが、所詮鬼の都合によるものなのが不安。
助けにきたところですでに全員食われていた、なんて展開全然ありそうで怖いわ。

ただ「現実的に考えて連れていけない年齢の子」を「説得して連れて行ったぜ」で済ませず、現実的な対処を提示しているのはとても好感が持てる。

先週凄まじい存在感を見せたフィルさん。
あわや黒幕かという予想もしていましたが、賢いだけのいい子でした。本当に良かった。
今初期の話を見返すと、本当要所要所に登場していて、実は鬼側の監視役なのでは、とか疑いもしましたが、先週のあの引きで疑うなという方が無理だ。

ママはフィルも含めて、4歳以下は何も知らないと判断。
これが今後の2年間フィルの運命をどう変えるか。

今まで常に主導権を握ってきたレイがみんなに振り回されてるのがちょっと可愛い。

更に今週号はおまけ漫画まで。
本編のクライマックスにこんなものを掲載する余裕があるのか!?
と思っていたけど、今週号でないと意味のない実に含みのある話だった…。
いずれ殺すことを含めた上で、ママは子どもたちを本当に愛しているんだなあ…。
こういう話を見てしまうとママも助かって欲しいと思うけど、この漫画はエマたちの脱獄の代償として容赦なくママを殺したりしそうだ…。

 

ロボレーザービーム

やっぱ長期連載作家は強いな…と思わせる鷹山のカッコよさ!
黒バスの頃からだけど、藤巻先生は派手なエフェクトとかに頼らずカッコイイアスリートを描くよね。

一方でロボは生のゴルフの難しさに直面していく。
自分がゴルフはライジングインパクトでしか知らないから迂闊なこと言えないけど、自分の慣れた環境を前提にしてしまっている分、状況に合わせられないのかな。

3ホール目で鷹山が勝った場合1対1の1引き分けで試合はドロー?
ここで引き分けたことでロボに火がつく展開があんまり想像できないけど、その辺はトモヤが引っ張ってくれるのかな。

 

ブラッククローバー

頑張って実績を積んだ分、ちゃんと褒められるということがこんなにも当たり前で気持ちいい。

貴族という人種の定番だけど、やっぱ差別が根強く残っていますねこの世界…。
今週やったとおり、魔法帝が上手くやれば全然どうとでもできそうではあるけど。

そんな中権力トップの王様が出て来るわけで、これがよほど偏った方へ行くのか案外良い奴なのか、どう来るかとても楽しみです。

今週号の2連続見開きを見て思ったけど、今ジャンプで一番かっこいい見開きを描くのはこの作者だと思う。

 

腹ペコのマリー

もしかしてこれからもこんな調子で、毎回自由にコメディライクな話を広げていくのだろうか。

今週はTSもの定番のトイレと、あとは幼馴染に事情を説明したのでTSもののお約束をいくつか踏襲してくれて、ちょっと安心した。
やっぱ癖の強いジャンルだと「あれ、あのお約束展開はやらねえの?」という方向に気になってしまうね。
男目線で女性の体を使うことで恥ずかしがるという展開は、TSやるなら100%やらないと駄目だよね。

事情を説明したときの幼馴染の「鷺宮と話すきっかけが出来てよかったじゃん」がとても温かいリアクションで超好き。

 

食戟のソーマ

また傲慢な人が出てきた!と思ったら、ソーマと思考回路が似ていてちょっとほっとした。
料理人は客の前に出す皿が全てというソーマのポリシーはとても良い。

ただ大衆料理的アレンジを目指すソーマにとって、三ツ星レストラン判定員の反応がどう影響するかというと、マイナス方面に影響する気がしてならない。
もっとこう、地元のおじさんとかが判定員にならないですかね。

 

青春兵器ナンバーワン

面白すぎた…。この漫画は天丼が上手すぎる。

まるでロボットものの王道展開みたいなエピソードを体育祭に当てはめる発想はどこから来るんだ…。
自我を失ってもハチのことを忘れてもアンヌのことは忘れてないのカッコよすぎる…。

最後のコマにいる零一は果たして本物の零一なのだろうか…。
データのバックアップから作った新しい零一だったりしない…?

 

火ノ丸相撲

ユーマさんが幸せそうなの久しぶりに見た!
1話で火ノ丸にされた顔面張り手をここでユーマさんが見せるのもアツいぜ!
でもそこで一転ピンチにもなるのが実にユーマさんだ。

対戦相手の「強いね、あんた」でユーマさんの禊が完全に完了した感がある。
ここまで頑張ったし勝ってほしいけど、贖罪意識のあるユーマさんだからこそ、試合には負けて、それでもいい試合だったと思って部長に後を託す展開が来たほうが栄えるよね…。

 

Dr.STONE

西に向かった!ってところから箱根という答えまでたどり着く獅子王くんはもう普通に頭脳もトップクラスなんじゃないかな…。

火薬があれば爆弾とか作れるだろうけど、ライオンを殴り殺しボウガンの矢を鷲掴みにするこいつに、果たして爆弾が通用するだろうか。
読者は大抵火薬、というところから銃や爆弾を想定すると思うので、ここで思いもつかない使い方をして上手く完封してほしいな。

 

U19

能力漫画らしくなってきた!

のはいいんだけど、全ガレキメンバーが必死こいて存在を隠してきたリビドーをこうもひけらかしていいのか…?
隠蔽の甲斐あってか、大人党のトップでさえリビドーの存在には半信半疑だったのに。

能力もツッコミどころはあったけど、絵が派手だったからまあいい。
体を固くする能力!って言いながら何故か体重が5tになってたけど気にしない。
衝撃は防げないのに屋根の上から落下したのは平気だったけど気にしない。

早々にラスボス出てきたし、あと1,2話やって終わりかな。
4話目くらいまでの何言ってるかわからんレベルのメチャクチャな世界観描写が減ってしまって最近は味気ないです。

コメントをどうぞ

名前の入力はしなくても大丈夫です(匿名表記になります。)

更新履歴
カテゴリ一覧