感想日記

9/25 サイトデザインの調整中

Fate/GO ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ2017/11/19 



サーヴァントを紹介するなら、そのサーヴァントが手に入るときにしよう、というのは個人的に決めていることなのですが、つまりクリスマス2016が復刻している今こそジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィを紹介するときなのです。
名前長い。

 


ということで今回はジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ(以下JDASL)です。
2016年のクリスマスイベント「二代目はオルタちゃん ~2016クリスマス~」にて報酬として配布されたサーヴァントで、現状唯一の配布ランサー。
去年のクリスマスに配布されてから1年、ランサーの配布はなかったんだなー、と思ったけどそもそも2017の新規配布がムーンキャンサー(BBちゃん)、ライダー(イシュタル)、アルターエゴ(メカエリチャン)という偏った構成だった。

霊基再臨にはくつした交換で手に入る「ジル・ド・レェ人形」が、宝具レベル上げにはくつした交換で手に入るブッシュ・ド・ノエルをアイテム交換に持っていくことが条件になります。
要はくつしたを集めまくってボックスガチャを回そう!ということ。
ブッシュ・ド・ノエルは最悪アイテム交換から靴下80個で1個交換できるのですが、まぁボックスをなるべく深くまで回したほうがお得です。

あのジャンヌ・オルタが霊薬で若返りジャンヌ・ダルク・オルタ・リリィとなり、その彼女がサンタを自称することで誕生したジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ。
あまりの名前の長さにファンコミュでも色々なあだ名が付けられているので、それを調べてみるのも一興。
今回は竹箒日記で呼ばれていたJDASLで表記を統一します。

名前やEXアタックのモーションからネタ率の高いサーヴァントですが、その性能は本人のキャラのとおり素直で実直、扱いづらいところのないシンプルさです。
NPチャージからのレベル5全体宝具は非常に頼もしく、種火の周回でも大活躍。
スキル・宝具ともに非常にシンプルで使い勝手が良く、とても「初心者向き」の性能をしています。

 

スキル

聖者の贈り物[C]』は仲間単体のHPを回復+スター発生率アップ。
回復量はスキルレベルに応じて1000~3000まで成長、スター発生率アップは30%で固定です。
このスター発生率アップは正直おまけというか、あってもなくても変わらないレベル。
火力を持ったアタッカーが一応回復も出来る、というのがウリといえばウリでしょうか。
後述する第3スキルがHPダウンのデメリットがあるので、それの帳消しに使うならスキルレベル1でもOK。
この手の回復スキルは、ふちょーやバニヤンのような『回復もできるアタッカー』を並べておくと効果を実感しやすいですよ。
不意のクリティカルやタゲ寄せなどの事故防止にどうぞ。

自己変革[A]』はNP20%チャージ+弱体耐性をアップ。
正直弱体耐性ってスキルレベル上げても、スキルレベル上げたおかげで防ぐことができたのか実感できないよなあ。
NPチャージは20%で固定です。
去年何も知らずレベルを上げまくってしまった人がいたそうですが、チャージターン短くなるのでまぁ無駄にはならないでしょう。
とはいえJDASLのスキルの中では、レベル上げの優先度は一番低いかと思います。
スキルレベル10になればチャージターン5となり、3WAVEの戦闘では2回目、3回目が現実的になってきます。
育成素材、QPに余裕があったら、って感じですね。

うたかたの夢[EX]』はJDASLの最大のウリとも言えるスキルで、バスター強化+無敵(1T)+HPダウン(デメリット)という複合スキル。
HPが固定で1000ダウンというデメリットがあるものの、スキルレベル10でバスター55%強化+無敵という超強力なスキルです。
宝具もバスターなので、単純な話スキルレベル10にしておくと宝具の威力が1.5倍になるというもの。
宝具レベル5にしやすい配布鯖、しかも全体宝具でこの火力ブーストはとても頼もしい。
NPチャージ20がついているのもあり、カレイドスコープ装備からの初手宝具で1WAVEまるごと処理、というのが配布鯖でできるのが嬉しいところ。
即座にNPがチャージできる全体宝具配布鯖は今のところJDASLだけです。一応茶々もNPチャージスキルがあるけど、発動タイミングの都合でカレスコを装備していても、最短でも2WAVE目以降になるのが惜しい。

『うたかたの夢[EX]』は無敵と強化、どちらを活かすかは悩みどころですが、55%強化した宝具を打てたなら役割は充分に果たせたといえるし、逆に何もしてない状態で敵の宝具を食らいそうになったら四の五の言っとらんと無敵貼るしか無いので、意外と使い所に迷わないもんです。
『聖者の贈り物[C]』はデメリットの解消に使ってもよし、バーサーカーなどの支援に使ってもよし。回復スキル最大のメリットは絶対に腐らないことですね
『自己変革[A]』はスキルレベルを一切上げなくても十全に機能を果たせるのが美味しいところ。
そんなところでも、配布鯖の性能に頼りたい初心者に向いた構成といえます。

 

バトル

カードはQQABB。
ランサーは大抵Aが1枚しかないのが辛いところですが、JDASLもご多分に漏れず。
NPチャージをスキルとして持っているのが救いでしょう。
一方『うたかたの夢[EX]』を持っているので、BB宝具EXでバスターブレイブチェインが出来るのはとても美味しい。

 



バスターは1ヒット。
遠距離だと青白い炎で、近距離だと槍を振り下ろしての一撃になります。

 


アーツは普通の近距離攻撃。3ヒットします。
NP効率が悪いわけではないけれど、1枚しか無い都合上、NPは礼装での底上げをしたり、アーツをオーバーキルに当てるなどの工夫は必要でしょう。
スキルによるチャージも20%と、アーツが1枚しか無い不利を覆すほどのチャージ量ではありません。

 



クイックは遠距離だと飛び上がってからの落下攻撃、近距離だとその場での攻撃です。
こちらもアーツと同じく3ヒット。
遠距離時のSEが鐘の音のようでとても綺麗なのでお気に入りです。

 



そしてEX。まさかのツインアーム・リトルクランチ
両手に宿したクリスマスカラーのエネルギーを放ち、敵を対消滅させます。

元ネタはイベントで接点のあった天草四郎の宝具、ツインアーム・ビッグクランチ。
どういう接点かは当のイベントを見てみましょう。

 

宝具





宝具『優雅に歌え、かの聖誕を』。
全体バスター宝具で、敵の弱体耐性をダウンさせる効果がありますが、JDASLには弱体付与スキルがないのでオマケ程度ですね。

ポイントはオーバーチャージで性能がアップしていく「味方全体の攻撃力アップ」+「HP回復量アップ」。

宝具なのでこの補正を受けたあとに『聖者の贈り物[C]』を使うことなどは出来ないので、HP回復量アップが機能するのは必然、宝具効果のみとなります。
宝具のオーバーチャージは性能に直結するものは割と少なく、宝具チェインの順番なんてそれがBかAかQか、くらいしか気にしない場面も結構多いですが、JDASLの宝具は明確に「チェインの一段目に発動」させることを意図したもの。

この宝具をオーバーチャージさせることで攻撃力アップとHP回復量アップの強化倍率もアップしますが、そのために攻撃宝具を踏み台にしては本末転倒。
この宝具を宝具チェインの二段目以降にする場合は、ステータスバフ系のサポート宝具にしましょう。
サポート宝具はサポート宝具で、オーバーチャージが性能に直結するものが多いので、そこがまた悩みどころですが…。

 

ということで現在復刻中のJDASLでした。
ランサーが出張る場面なら相手が誰でもほぼ間違いなく仕事ができるサーヴァントです。
スキルはほぼ自分を強化するためのもので、宝具は他人をその性能・方向性問わず強化できるもの。
誰と組ませても同じだけの性能を発揮できる、堅実な性能のいい子です。

ランサーはバスター全体宝具持ちがかなり多くライバルも多いのですが、配布鯖ゆえの「簡単に宝具レベル5にできる」というメリットを活かしたスキル性能が目を引きます。
ゴールデンやクロが単体宝具の騎・弓を食ってしまったように、JDASLも他の全体宝具槍を食ってしまいかねない性能を誇る強力さです。
ガチャを回す石をスタミナ回復にあててでも入手する価値はあると思いますよ。

ガチャ回してもどうせ大したもん手に入らないんだから…。

更新履歴
カテゴリ一覧