感想日記

5/28 お茶が美味い

MENU
トップ > Fate/GO アビゲイル・ウィリアムズ

【鯖紹介】アビゲイル・ウィリアムズ - デバフとNP30配布を軸に、誰とでも組めるサポート役を兼ねたクリティカルアタッカーという欲張り鯖 2017/12/13 



今日紹介するのは、今まさにピックアップ中のアビーちゃん。
最後の亜種特異点「異端なるセイレム」のキーサーヴァントです。

私はまだ英霊剣豪七番勝負の途中なのでセイレムはやっていないのですが、運良く引けたもんだから育てちゃった。
なのでストーリーに絡む部分は紹介しませんが、それ抜きでも紹介を見るだけでおおいにストーリーのネタバレになると思いますので、セイレム未見・かつネタバレは嫌だという方はここでブラウザバックしてください。
私は育てちゃったので結構ネタバレ踏みました。

ちなみにアビゲイル・ウィリアムズは実在の人物で、亜種特異点の副題通り、セイレム魔女裁判の当事者となった人物です。
Wikipediaに単独項目もありますので、事前に予習しておいてもいいかも。

 

では以下紹介。

 

概要


再臨にセイレムから実装された素材が必要になるので、まだレベル80です。
金曜日から始まるクリスマスイベントで配布があるので、そこで再臨素材分は集めようと思います。
スキルに使う分と、別途引いたミドラーシュのキャスターの分考えると絶対足りないけどね…。

さてアビーちゃん最大の特徴は新たに実装されたクラス「フォーリナー」であるということ。
初のバーサーカー特攻を持ったクラスです。
バーサーカーは全クラスに対して与ダメ1.5倍、被ダメ2倍というクラスですが、フォーリナーはバーサーカーへの与ダメ2倍、被ダメ0.5倍ということで、初めて攻守両面でバーサーカーに有利が取れるクラスとなります。

今までバーサーカーからのダメージを抑える手段と言うと、バフ・デバフを盛る、唯一被ダメ等倍のシールダー(マシュ)を使う、術ネロの弱点ダメージを等倍にするスキルを使う、くらいしかなかったのですが、いよいよ編成の段階でバーサーカー対策を取ることが出来るようになりました。
特にバーサーカーのボスとなると、やられる前にやる速攻が求められてきましたが、今後アビーちゃんを軸にすることで、今までより柔軟な戦略を取ることができるようになります。
キリツグの仲間にターゲットを寄せるスキルなんかも役に立ってくれそうですね。

また新しいクラススキル『領域外の生命 EX』により、毎ターン自分でクリティカルスターを生成することができます。
その数は毎ターン2個とささやかな数ですが、2030年の欠片の未凸が凸になったと思うとすげー大きく見えてきます。
フォーリナーはスターの集中率が結構高いので、星出しサポートを付けて自分でクリティカルを出してNPを稼いで宝具、という流れが割と自然に行えます。

 

再臨

期間限定☆5サーヴァントだけあって、再臨ごとに全く装いが異なるゴージャスぶり。
まぁこれは「気合を入れて作った」というより「設定・演出をバトルキャラで再現した」ということなんでしょうけど。
その分ネタバレ具合が大きくなってしまったということでもあります。

 


第一段階。かわいい。
でもこの状態で身長152cmもあるんだよな…見た感じ120~130cm前後っぽいよね。

 


第二段階。
「魔女」らしい装いに変わる…魔女らしいかなあ?魔女というか痴女じゃない?
手持ちと背負いモノとして、明確に鍵のモチーフが使われていることがわかります。
露出度の超高い衣装はちょっとよくわからないですね…。

 


ここでもう完全にネタバレ。
鍵で開いた先から現れた水生生物モチーフの触手、土気色の肌と髪、『領域外の生命』というクラススキルの名前…。
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

 

スキル

信仰の祈り C』は味方全体にNPチャージ10×3ターン宝具威力アップという目に見えて強力なサポートスキル。
どちらも3ターン継続するので、これでNPを稼ぎつつ、効果時間のうちに宝具を撃つなんてことが余裕で可能です。
即時配布じゃない分、全体にNP30を配れるというのは中々稀有。孔明やマーリンでさえ全体に配れるのはNP20が限界です。
宝具威力も最大で30%アップ。
NPを溜めて、宝具を撃つ。当たり前の流れをこのスキル一つで加速させることができます。

正気喪失 B』は術ジル以来の「恐怖」付与+防御力ダウン。効果範囲は敵全体に3ターンです。
恐怖は効果時間内に、確率によるスタンを発生させるステータス異常。
いつ発動するか、発動してくれるかは運が絡んできますので、敵宝具を止める、といった確定で止められないと戦線が崩壊するような状況には向きません。
単純に敵の行動を阻害して、総合被ダメージを減らしたりする目的で使うべきでしょう。
防御力ダウンは最大で20%。カリスマAと同じ倍率でダメージアップが狙えます。

魔女裁判 A+』は単体に確定でチャージダウン+攻撃力ダウン。
こちらも敵の行動を阻害するスキルで、確定のチャージダウンは非常に強力。
恐怖と合わせて、両方決まれば相手の宝具を2ターン遅らせることができます。
攻撃力ダウンも最大20%。こちらは単体なので、相手の金枠やボスをターゲットにしましょう。

与ダメージをアップするスキルが2種に、被ダメージをダウンさせるスキルが2種。
スキル2・3ともにデバフな分、敵の対魔力や弱体無効でカットされる可能性がありますが、その分強力なおまけ効果が付いています。
おまけが付いた分、チャージターンも長くなっちゃってるけど…。
☆5は取り回しの難しい大型スキルが多いよな…。

アビーちゃんのスキルのポイントは
・仲間を対象にしたスキルはNPチャージ+宝具威力アップのみ
・あとは全部デバフ
ということで、編成を問わずメンバー入りができるということ。
特にバーサーカー敵は多色編成にしれっと混じってやってくることがあるので、よほど偏ったマップでもない限りアビー一人を戦力として見込んで出す、ということはないはず。
特定のカード強化などの、相手を選ぶサポートスキルはなく、誰相手でも十全に機能を発揮できるスキル構成は、アビーちゃんを必要とするマップにおいて、編成の障壁となることなくパーティを組ませてくれるはずです。

まぁアガルタのアレとか、バーサーカー盛りの戦闘もあるにはあるけど。
そういうときはアビーちゃんをサポートしてあげましょう。
A3枚あるからアーツ強化か、クリティカルスターの集中率高いからスター発生率アップがあるといいですね。
術王だこれ。

 

バトル

カードはBQAAAのキャスタータイプ。エミヤやマルタさんもこれですね。
エミヤがA3枚あるの、あいつがアーチャーである以前に『魔術師』だからだって最近知った。

Aが多い分、といってはアレですがNP効率があまり良くないので、スキル1とアーツチェインを軸にして固定値を重ねることで宝具へ繋いでいきましょう。
効率の関係で天の晩餐などのNP効率礼装はあまり相性が良くなさ気。
プリズマコスモスみたいな固定値を稼ぐ礼装にするか、カレスコ系の初期NP系にするか。
宝具がバスターなのでエアリアルドライブか王の相伴が鉄板ですかね。

アビーちゃんのバトルキャラは、なんと再臨段階1と2・3で全く演出が変わるという贅沢なもの。
1だけで使っている限りはネタバレにならない気がする。

 


バスターでの攻撃。この段階だと触手は白く光る謎の物質。
ひらひらした白い布のようにも見えます。ゲットバッカーズに布で戦うお姉さんいたよね。

 



アーツ。真の英雄はおでこで殺す。
おびえながら敵に接近してひっぱたくモーションで、なんで自分はこんな小さな女の子を戦いにかり出してるんだろう…と罪悪感にさいなまれること必死。

 


クイックは紫色の蝶が飛んでいく攻撃。
モーション時に「逃げて!」と悲痛な声をあげるのがまたたまらなく申し訳ない。
本当なんでこんな小さな女の子が…。

 


EXアタックは悲痛極まれり。
かがみ込んで震えるアビーちゃんを放置して敵をぶっ叩く白いアレ。
設定作った人絶対異常者だよ…。

 




宝具『光殻湛えし虚樹』。
この段階ではおでこが光って敵が吹き飛ぶ、というわけのわからん宝具演出。

効果は敵の強化解除+攻撃+クリティカル発生ダウン。
ダメージ計算前に敵の強化を解除するというえらい凶悪な副次効果のついた単体宝具です。
現状宝具前に弱体解除がついているのは、他には天草くんくらいじゃなかろうか?

 



再臨すると途端に雰囲気が変わります。
鍵を使って次元の扉を開き、自分から触手を呼び出して攻撃するように。
アビーちゃんに一体何があったと言うんだ…怖がってるのに無理やり戦闘させたからかな…。

 





アーツは「苦しめ…!」と呟きながら触手を召喚しての攻撃。
2枚以上重ねると、接近して鍵で直接攻撃するモーションに切り替わります。

 


再臨前は「逃げて!」と言っていたのに、今度は自分で蝶を呼び出して敵にけしかけます。
よく見ると、大事そうに抱いていたぬいぐるみが尖兵となって蝶を誘導、攻撃司令を出しています。
本当…カルデアは人道的な意味でえらいことをしてしまっているのでは…?

 


EXは触手とおでこを交えたハイマットフルバースト。
触手ってビーム出るんだっけ…?と思ったけどおでこがビーム出してる以上ツッコむのも野暮でしょう。

 






宝具演出も一変。
最近流行りの正面絵を交えた演出に、鍵穴から迫りくる触手、どことも知れない空間に立ち尽くすアビー…とかっこいい演出が山盛りです。

 




更に再臨すると、上の方で紹介したとおり触手が常に背面についてまわります。
モーション自体は一緒なんだけど、バトルキャラのサイズ自体が大きくなった分迫力も大幅アップ。

 




宝具の正面絵などもちゃんと再臨段階に合わせて変化しています。

 

ということでアビゲイル・ウィリアムズことアビーちゃんでした。

単純に可愛いだけじゃなく、バーサーカー特攻というオンリーワンの性能、クラススキルでスター生成、NP30をパーティ全体に配れるスキル性能、再臨によって全く変わるモーション・セリフ…と近年まれに見るレベルで盛りだくさんのサーヴァントでした。

ちなみにマイルームセリフも再臨1段階と再臨2・3段階で全く変わります。
そのため絆セリフなどが二種類あるという、もう贅沢すぎて何がなんだか。

こんなオンリーワンの性能を持ったサーヴァントを平然と期間限定にするのがFGOですよね。
BBちゃんも今のところ復刻なさそうだし…アルターエゴ配布にしただけ良い方なのかな?

かわいさ的にも性能的にも文句なしのアビーちゃんは12月20日までピックアップ中。
でも明後日からエレシュキガルがピックアップされるらしいぜ。

コメントをどうぞ

名前の入力はしなくても大丈夫です(匿名表記になります。)

更新履歴
カテゴリ一覧
CLOSE