感想日記

MENU

10/12 サイト改修中

トップ > 今週のジャンプ 2018年39号

今週のジャンプ 2018年39号 2018/09/02 



ぼく勉アニメ化決定!
制作スタジオの名前が2つ上がってて、しかもどっちも制作協力までの実績しか無いのがとても不安だけど、監督が岩崎監督なのできっと大丈夫だろう…。

ぼくたちは勉強ができない


ゆらぎ荘でも思ったんだけど、アニメが決まったタイミングでちょっと物語完結への一歩目を踏み出しちゃう感じ何なの!怖いからやめて!
今のジャンプで永遠に続いてほしい漫画ランキングやったら1位はぼく勉だよ。

この漫画、そもそも根幹の設定からして「進学」=「唯我くんとの別離」が前提にあったと思うんだけど、今更になって別れをキーワードにした展開が来たのはどういうことだろう。
言っても海外は遠いぜってことなのかな。

以前まふゆセンセとの絡みで出てきた「才能あるものの特権」の話が出てきたのは嬉しかった。
どうにも唯我くん以外との接点が薄いので、ここでうるかちゃんとの接点がちゃんと活きてたのが嬉しい。

呪術廻戦


意味深だったシリーズサブタイトル「幼魚と逆罰」の意味がここで判明。
めっちゃいいお母さんだったな…順平がいじめられているのがあくまで外的要因にあって、本人の性質が原因じゃなかったのはこういうバックボーンがあったからなんだな。

こうなると逆罰の意味も気になるけど、逆鉢とかけて魚を入れる鉢が逆さになる=家庭の崩壊=順平の居場所がなくなることを意味してるのかなあ。
最後のコマのヒキが強烈すぎていろんなものが吹っ飛んじゃったよ…ここで一般家庭に宿儺の指が現れるのかよ…。

順平が人を殺すことを現段階で肯定しきれていない以上、罰に通じるものを背負う感じがしないんだけど、この母ちゃんが死んだとき順平がどうなるか全く想像できない。
ピュアな少年漫画だったら虎杖に母ちゃん助けてもらって、自分も呪術師になったりするんだろうが。

ナナミンの真人考察とか、人を殺すことへの虎杖の視点とか、色々気になるポイントはいっぱいあったんだけどね。今回はぽっと出の母ちゃんが印象強すぎた。
虎杖は宿儺の指センサーにもなるって話あったし、取り返しの付かないことになる前に気付いてほしいな。

あと真人のCVは中村悠一が良いと思います。

Dr.STONE


クロムによる科学の脱獄。
檻を縛る縄(セルロース)を分解して檻を破壊してたけど、あんな仰々しく破壊したら即見つかって別の檻に入れられるだけじゃないだろうか。

千空たちの戦車による救出も、あんな目立つ方法でクロム助けに来たら電話使って司帝国の人間を騙す作戦がやりにくくなると思うんだけど、各々どういう着地点を目指して今の行動を取っているのかがよくわからない。
早く合流して意思の疎通をしてほしいところだ。

ハイキュー!!


ここに来て未だに過去の描写から今に通じる演出が出てくることに驚く。
そう言えば日向は初期の初期はこんな感じだった…同級生にトスあげてもらったり、ママさんバレーに混ぜてもらったり、それどころか一年合宿でコガネのトスも撃ってたりしたんだよなあ。

『決まったー!!!』のコマ、アニメ1期のOPをフィーチャーしてたりしないだろうか。
ちょうど今日曜朝にNHKで再放送しているのでみんな見ましょう。

ここで勢いにのってセット取らないと烏野の負けなんだけど、ここに来てようやく犬岡が登場。
こいつがコートに入ってるの見るのは単行本4巻の練習試合以来じゃないだろうか。
梟谷グループとの合宿編以降、音駒の1年生枠はリエーフが全部持っていっちゃったんだよなあ。

ハイセットからの高い攻撃が今の日向の武器なわけだけど、それに対応するために海さん抜いて背の高い犬岡を入れる、ってまさに日向という囮に音駒が翻弄されてる証左じゃないだろうか。
旭さんあたりが三年生の貫禄を見せつけて第二セット取りそうですね。

仄見える少年


金未来杯の第一弾。

絵はうまかったけどストーリーが100%完全に化物語だった。
このストーリー原作者必要だった?

アクタージュ


いよいよ役作りに入って、演者と役を突き合わせ始めたことで、ようやく舞台編が「余凪ちゃんが自身と縁遠い役を演じる」という壁に立ち向かう話だと気付いた。
大元は過去の自分と演技を重ねるメソッド演技が武器だったわけで、そこから離れたキャラクター性をどう掴むかという話。
先週までの感情表現の課題はクリアーこそしたけど、あの感情自体はもともと余凪ちゃんの中にあったものだしね。

デスアイランド編も天使ちゃんを大切に思えるか、という点で役に合わせる努力の話あったけど、パニックアクション映画だったのもあって「役のキャラクター性」には触れなかったんだよな。
デスアイランドに登場する「ケイ」がどういう人格だったのかは最後まで描写されなかった。
多分映画の中でもろくなシーンないんだろうな…漫画原作実写映画のオリキャラだしな…。

コメントをどうぞ

名前の入力はしなくても大丈夫です(匿名表記になります。)

更新履歴
カテゴリ一覧