その他の フリーゲームの記事

フリーセル

2012/09/27

今日はトランプを使ったソリティア(一人遊び)の一つ
「フリーセル」のお話です。

私は正直昨日までルールを知らなかったのですが、やってみたらこれが意外に面白かったので布教を、ということです。
PCにプリインストールされている他、スマホの無料アプリなんかでも簡単に遊ぶことが出来ます。

きっかけは、まぁ、ファイ・ブレインです。
さぁ、パズルタイムのはじまりだ!

ルール説明

ソリティアをしたことがある人にはわかりやすいかと思いますが、フリーセルも同様に、カードをマーク別・小さい数字から順番に並べることを目的としたゲームです。
ただしフリーセルには、ソリティアにはないエリアがひとつあるのです。

それが、ゲーム名にもなっている「フリーセル」。

●ゲーム開始時、列にカードがランダムで配られます。

●プレイヤーはカードの配置をやりくりしながら、左上に4つあるホームセルにカードを並べることを目的とします。

●ホームセルには、カードはマークごとに、数字の小さい順に並べます。

というところで、ここまではソリティアとほぼ同じルールです。
違いは、列に並ぶカードが完全にアトランダムであることくらいでしょうか。

そしてここからが、フリーセル独自のルールです。

●右上にある4つのフリーセルには、1枠につき1枚、どんなカードでも置くことができる。

●ただし、フリーセルから列に戻すときは、カードの配置ルールに従わなければ戻せない。

ちょっとややこしいところですが、
要はソリティアには無いフリースペースがあり、
そこを駆使してカードをホームセルに並べましょう、ということ。

ただし列には特殊な並びのルールがあります。

列のカードは
色がの場合は黒
黒の場合は
のカードのみ置くことができます。

その際、数字にも制約があり、今置かれているカードより1つ小さい数字しか置くことができません。
例として、黒の8が置かれている場合、の7のみ移動させることができます。

列のカードは最初はアトランダムに並んでおり、そこに限りルールの範囲外となります。
しかしフリーセルから列に戻すときは、ルールの成約を受けます。

よって、気軽にフリーセルに移動させてしまうと、列に戻せなくなり、フリーセルが一個潰れてしまう、というリスクが生じるのです。
ソリティアよりも、1手・2手先を読まねばならないゲームだと言えるでしょう。

こうして列のカードを移動させたり、フリーセルに一旦どけて奥のカードを発掘した後列に戻したり。
そうやってやりくりしながら、ホームセルにA→Kまでのカードを並べる。

これがフリーセルです。

雑感

話だけ聞くと、結構厄介そうに見えることと思います。
そのとおり実に厄介なのです。

このゲームはソリティアよりも長期的な戦略を求められますので、頭の運動には良いものと思います。

プレイしていればすぐ気付く点ですが、例えば

●フリーセルにKを置くと、基本列に戻せない

列に戻すには、そのカードより大きい数字がなければいけませんから、最大の数字であるKはまず列に戻れません。
それはすなわち、フリーセルが1個永続的に埋まってしまうことを意味します。

列を1つ完全に開けることが出来ればそこにKを置くことはできますが、フリーセルが1個埋まった状態でそれを達成するのは、かなり困難です。
もちろんそれをしないとクリアーできない場面もあると思います。

列の空きスペースを作りやすいソリティアと違って、全列に均等にカードが並ぶフリーセルでは、空き列を作るのは中々困難です。
その分空き列が出来ればフリーセルより有用に使えますので、ホームセルより優先する価値さえあると言えます。

●うかつにフリーセルに動かすと、列に戻せない場合がある
ソリティアと異なって列の配置は完全ランダムですので、列からフリーセルに動かしたあと、戻る列がなくなる場合が非常に多いです。

黒5→黒2と並んでいるとき、黒2をフリーセルに動かしてしまうと、元の黒5のところには戻れないのです。
戻るには、3が必要になります。
  
つまり、軽い気持ちでフリーセルを使うと手詰まりになりやすいのです。
そのカードをフリーセルに動かして列に手を加えた結果、フリーセルに動かしたカードが戻れる状態。
そんなシチュエーションに出来れば理想的ですね。

最後に

自由にカードを置くスペースがある、というルールだけ見ると、ソリティアをよりユーザーフレンドリーにしたゲームに見えるかもしれませんが、実際はその逆です。

列がランダムであること、列にルールがあることが、プレイヤーをおおいに苦しめるのです。
自由なスペースがあるから、といって気軽にあれこれカードを動かしていると、すぐに手詰まりになってしまうでしょう。

必要なのは2クールを戦い抜く長期的な戦略か、あるいはオルペウスリングです。

フリーセルはソリティア同様、Windowsマシンなら基本入っているはずですので、ぜひ遊んでみてください。

レッツ・プレイアップ!

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

名前の入力はしなくても大丈夫です(匿名表記になります。)