新着記事

その他の ジャンプ感想の記事

今週のジャンプ 2019年15号

2019/03/17


新連載がどれも面白くてとても困る…アンケ枠本当3つじゃ足りないぜ。
今回の新連載は2本なので、これでしばらくは現状維持が続いてくれるけど…できればこのままの連載陣をしばらく続けてほしい。
けどハンターハンターは読みたいのでいっそジャンプ本誌をもうちょっと分厚くしてくれないかな。

神緒ゆいは髪を結い


新連載2本目は、ぬら孫やイリーガルレアの椎橋寛。
確かGIGAだかSQでも連載やってたのでアオリがジャンプに「帰還」なんですね。

ヒロインは可愛かったしストーリーもテンポ良くて読みやすかったんだけど、あちこちでこう、ちょいちょいクセがすごい。

まず男主人公の名前が「鍵斗(キィト)」ってのがもうすごすぎる。
ラブコメに傲慢な金持ちという、読者からものすごく縁遠いところにいるキャラを持ってきたのはすげえ勇気だと思う。
ただの嫌なやつじゃないのは一話のうちでわかるし嫌いじゃないんだけど、「刺激的な女落ちてこねーかな」とか、90年台少女漫画のオレサマキャラでも逆に見ねーよ!

それにしても黒髪ロングでセーラー服に黒タイツをヒロインに持ってきたあたり、やっぱり椎橋先生の本気が感じられる。
やっぱ羽衣狐は強かったんだろうな…。
乱暴なキャラだけど心を許した相手には優しい、ってのがすごいツボなので彼女もとても良かったです。

ギャグ寄りのラブコメがメインっぽいけど、画力は十分だしリボーンみたいにバトル路線行っても面白そうだなあ。

最後の西遊記


クソ親父クソ親父と先週のレビューで書いたけど、あの一話のあとに息子に「父ちゃんのこと嫌いになりたくなかった」って言わせるの本当すげーな。
龍之介かわいそうと思って一話読んでたけど、その内心の一番肝心なところを見落としてレビュー書いてたことに気付いたわ。

妹のために勇気見せて妖怪と戦おうとするのも本当かっこいい。
妖怪を倒したいから、とか倒さないと危険だから、とかじゃなくて、妹に兄ちゃんを信頼させるために戦うんだぜ。
こんなかっこいい小学三年生いる?

二話は一話以上に面白かった!
キャラクターの心情を丁寧に描いてくれる漫画はそれだけで好きだ。
今週もちゃんとアンケート入れよう。

ぼくたちは勉強ができない


いやあ…いい話だった…。音大落ちた子のあたりはだいぶベタではあったけど…。

唯我くんが教師を選ぶ理由を与えてくれるのかなあと思ったけど、もっと根源的なところで先生が幸せならいいとかもうマジで先生ルートだろこれ…。
唯我くんの熱心な姿にかつての恩師を重ねて、まふゆセンセは改めて教師の道を選んだのだ…。
与えられるのではなく、自分でそれを選ぶ尊さ。

恩師の子だとまふゆセンセ本人は気付いてたのもすげえポイントだった…いつかこれ明かす日が来たら完全に先生ルート確定だぜ。

ブラッククローバー


そういえば「五つ葉の魔導書には悪魔が宿る」って話あったな…一話で…。
アスタの剣がまともなものじゃないのはわかってたけど、連載4年でやっと悪魔が出てきたのか。

エルフが滅ぼされたのは結局人間のせいなのかー…。
悪魔に誑かされたとはいえ、結構な割合で人間の悪徳なんじゃねえかな…。エルフかわいそう。

一話に出てた超巨大な骸骨は悪魔ではなく「魔神」らしいけど、今後同じようなのが出てくるんだろうか。
あの超巨大サイズと戦うことになったとき、一番の戦力になるのはヘンリーロボな気がするな…。

アスタとユノの共闘が久しぶりに見られそうで楽しみ。
ユノは一話のころから徹底してアスタ大好きだよな…。

呪術廻戦


見開きパパパパンパンパン(悦に入る東堂)が面白すぎる…。

バトル漫画で能力をわざわざ説明しちゃう展開ってよく見るけど、東堂はあえて能力バラした上でブラフに活用しててビックリする。

火ノ丸相撲


いよいよ大包平戦だ!
一時期の火ノ丸と違って、大包平は無道を結構飼いならしてる感じがあって、どういう勝負になるか楽しみ。
チヒロは一度勝ってるけど、さすがに高校時代の経験が生きる相手じゃないか。

あと大和号対火ノ丸戦がさらっと流されてて笑った。
まぁすでに2敗の火ノ丸がここで大した因縁もない相手に一敗を重ねるとも思わんけど。
三名槍で目立ったシーンがあったの蜻蛉切だけだったな…。

スポンサードリンク

『今週のジャンプ 2019年15号』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/03/18(月) 01:24:54 ID:QzNjY5MjY

    アクタージュのいろんなところの感想見てると隣の人の当て書き脚本書いちゃう吉岡君キモいって言われてて、
    自分は専門学生時代日常であったことを人場所含め絵コンテにしてアニメーション作ってたのでそれはキモいのか・・・
    と若干ショックを受けましたが今週のアクタージュどう感じましたか?

    • 名前:管理人 投稿日:2019/03/18(月) 11:24:12 ID:c1ODA3NTc

      「それ」が当たり前の場所かどうかが、日常かキモいかの分水嶺だと思いますよ。
      吉岡くんが劇団天球のスタッフだったりしたら、彼の行為を否定的に見る意見は出てこなかったでしょう。でも普通科の教室だったら、会話したことのない相手を創作の題材にする姿というのは、中々キてる行為に見えると思います。
      やりたいことに向かって努力している夜凪ちゃんや吉岡くんの「フツーじゃない」姿と、「フツー」であることの象徴っぽい同級生の女の子の対比が、今回の学校編のテーマになるんじゃないでしょうか。

      コメントありがとうございました!

コメントをどうぞ

名前の入力はしなくても大丈夫です(匿名表記になります。)