今週のジャンプ 2019年24号



久しぶりのジャンプ感想です。
新連載シーズンでぽつぽつと作品が打ち切られていきますね…ネオ…ヒグマ…あと多分ダビデ。
今回の新連載組は、今の所どれもピンとこない感じなので、誌面が変わるのに戦々恐々です。

まぁ第一印象で期待してなかったジガは面白かったし(打ち切られたけど)、漫画は一話を読んでこそですね。

サムライ8


「NARUTO」の岸本斉史原作の新連載。
これが…こう、キツかった。

典型的な「設定が先走ったSF」を踏襲してないだろうか。
これわざとやってない?ってくらいの情報量。

画面も線で埋まっている上に、どの線も同じくらいの太さでメリハリがないので画面に何があるかわかりづらい。
キャラクターもわかりやすい記号がなくて、いいヤツなのか悪いヤツなのかさえ造形から判断できない。

8ページくらい知らないおじさん達が会話してて、なんだコレ?
と思ったらゲームの内容だった…と思ったら世界観の説明を兼ねてた…とか、いやゲームでしたって言われた時点でもう内容忘れたよ。
初見の読者は劇中劇のゲーム内容にそこまで興味持ってないよ。

生命維持装置なしでは生きられない主人公と、不器用な父親のドラマは悪くなかった。
けど、あまりに大量の設定がその良ささえ阻害している。
話が頭に入ってこない。
冷静になって読み返すと新連載の一話で「仲違いしてた親子がお互いを想ってたことがわかった」以上のことしてない。

正直なところ「岸本斉史」でなかったら最後まで読まなかったと思う。

でも短期打ち切りは100%無いと思うので、面白さが出てきたりキャラに愛着が湧いたら改めて一話を読み返そうと思う。
アニメGUNGRAVEとかジャンプだとワールドトリガーとか、そういう後々読み返してみたら面白く感じられるようになるタイプだと思う。

鬼滅の刃


猗窩座が完全に消滅し、再び上弦の弐とカナヲちゃん戦へ。
突然カナヲちゃんはしのぶさんより強いかも?なんて話が出てきてるけど、そういえばしのぶさんは実力面では大きく劣るって設定最初からあったな。

鬼滅は炭治郎がよく鬼に対してものすごいぶっ刺さるお説教をするけど、今回カナヲちゃんもものすごいぶっ刺してくれて、読んでて気持ちが良かった。
カナヲちゃん…こんな冷たい目ができる子だったなんて…とてもいい…。

鬼滅は基本的に鬼がしでかしてきた事に対して、それを後悔させるような末路を用意してくれるけど、この上弦の弐がどんなことになるか今から楽しみ。

Dr.STONE


船に残ったメンバーが全員石化という衝撃的な展開から、誰一人へこたれることなくプラチナ探しを優先させるメンタリティよ。

そもそも千空は、人類が自分ひとりってところからスタートしてるしな…。
むしろ石化させる「手段」が目の前にあるってのはチャンスでもあるか。

ソユーズが言うには「石化させる何か」から逃げていたというけど、その割に原住民は不要な貝を道端に放り捨ててるし、大声で求婚?してるし。
この島がどういう文化を組み立てているのか気になるところです。

ところで千空たちは、スイカが密航してること知らないよね。
「石化させる何か」も千空も気付いていない伏兵になってるので、今後大きな出番がありそう。

ブラッククローバー


重大な回想シーンが一話で終わった…。

それにしても悪魔の謀略による人間の侵攻に対して「一瞬でも君を疑った許してくれ」って言う真リヒト様の精神が美しすぎてヤバい。
偽リヒトはちょっとこの精神性見習って。

このルミエルがあの巨大な悪魔の骸骨?
なんか形状違うような気がするしもうワンクッションあるんだろうか。

アクタージュ


千代子、アラヤに加えてクー・フーリンみたいな俳優を加えてのダブルキャスト編開始。

千代子とアラヤってあまりにもこの漫画の総力戦だから最終章かとちょっと焦ったけど、大丈夫そうかな?
割とゆったりキャラ紹介してるもんな。

天知は登場シーンで嫌なやつだなー!って思ってたんだけど、割と黒山と仲良く喋ってるので段々嫌なヤツ感が薄れてきた。
一緒に学園祭見に行ったり一緒に俳優スカウトしにいったり、なんだかんだで意気投合してねえか。
これ流れで二人一緒にご飯食べに行ったりもしてるでしょもう。

呪術廻戦


伏黒好きの読者と宿儺へのファンサービス回だった…。
すげえいい顔するなあ伏黒こんな表情できたのかよ…ほんの数話前に出たチンピラもヤクザもシメたってときこんな顔したのかな…。

悟の言う「死んで勝つ」と「死んでも勝つ」の違いがわかりやすくてよかった。
まさかこの間の野球回さえも伏線になってるなんて思っとらんかった。

布瑠部由良由良~はググれば出てくるくらい有名な一説で、元は古事記。
確か東京レイヴンズにもこのフレーズ出てた気がするなあ。
莫大な呪力を得られる呪文らしいけど「自分が死ねばすべて解決すると思ってる」って言われてるあたり、メガンテじゃなくてメガザル系の呪術かなあ。

神緒ゆいは髪を結い


白ゆいベースの黒ゆいなんて飛び道具をこんな早く切ってくるとは思わなかった…正直今までで一番可愛かった。

あと突然絡んできた不良が、ぬら孫どころか北斗の拳でも出てこねーようなクレイジーな見た目すぎてすごい笑った。
高い画力をおかしな方向に使いすぎる…。

シリアスというか長編の前振りも始まってて、もうちょっとキャラの掘り下げ始まるかな?
黒ゆいの「なんで自分が自分でいちゃいけないんだ」って訴えはぐっと来るものがあったので期待。

火ノ丸相撲


VS五条一家!
初顔合わせの場でユーマさんが火ノ丸を褒めてくれてるのがなんかもうニヤニヤ止まらない。
今一話を読み返すとすごい面白いぞ!

ちゃんと火ノ丸がユーマレイナの更生に大きな影響を与えたって点に触れてくれたのも嬉しかったけど、父親が年収の話をしたのもすごい良かった。
幕内力士の収入がすごい、というのと同時に「その年収はいつまでもらえるの?」と体に恵まれない火ノ丸へものすごい刺さる一言。
父親のキャラを立てながら火ノ丸レイナの掘り下げを同時に進めてるのすごい。

そして待望の!部長対火ノ丸!
二人がニヤけちゃうところで読者もニヤけちゃうよね。
この二人がガチで公式戦を戦うのは千葉県予選、単行本9巻あたり以来か。
正直横綱戦もよりも楽しみなので個人的にはここを千秋楽と思って読んでいきます。

思春期ルネサンス!ダビデ君


なんか明らかに最終回に向かっている…。
強力にプッシュしたいほど面白いわけではなかったけど、終わっていいほどつまらない漫画ではなかったと思うんだけどなあ。

絵も上手くてキャッチーだったし、同じ「元ネタあり」の磯兵衛とは違う路線で個性見せてたし。
正直なところジモトかダビデかだったらダビデを残してほしかった。

いやまだ打ち切り確定したわけじゃないけど…でもあと3本新作あるしな…。

最後の西遊記


新キャラもかわいいんだけど、ずーっと設定に関しての会話しかしてないのがもどかしい。
作品の良さは確実にあって、個人的にそれを好ましいとも思ってるんだけど、このコハルが2個上のお姉ちゃんに構ってもらってる良さにアンケ入れる層ってジャンプだと少ないんじゃねえかな…。

獄丁ヒグマ


終わってしまったが、まぁそりゃ終わるわって感じでもあった。

一話は間違いなく良くて、ここ数年だと腹ペコのマリーと同じくらい一話だけが良かった。

キャラクターの心情を丁寧に書いてて、細かなところにも気を回してキャラのセリフを組み立ててあって。
一話の酔っぱらいに絡まれてたヒグマに対して、居合わせただけで無関係だったアヤハさんが言った「私ももっと早く声かければよかった」「ごめん」ってセリフは忘れられないくらい良かった。
それに対するヒグマの「君は正義感の強い人だ」って返しもたまらない。

ただその後のメインストーリーが、どうにも味が薄かったなあ。
倒しても話が進むわけではない敵との戦いが合計6話くらいあった気がする。

年末年始で開始早々に合併号だったのも運が悪かった。

久しぶりにジャンプ+での完結編が見れるようなので、それを楽しみに待とう。
Ultra Battle Satelite以来かな?

食戟のソーマ


中国料理分をトンポーロー、フランス料理分をミルポワで表現しただけでOKなんだ今回の勝負…。

連隊食戟あたりからのソーマは本当、レシピに一切ドラマがなくて読んでて味がしねえな。
こういう客を楽しませるためにはこういう発想で!とかあのときやったコレが活かせる!みたいなのが全く出てこない。
昔は面白かったんだよ本当。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

名前の入力はしなくても大丈夫です(匿名表記になります。)

過去記事一覧

カテゴリ一覧