今週のジャンプ 2019年25号



ワンピースも約束のネバーランドも休載。

でも今のジャンプは連載陣かなり厚いし、みんな定期的に一週休載させてもいいと思うんだよなあ…。
ワールドトリガーあんなことになったの忘れてねえからな。

ふたりの太星


新連載シーズン二番手をつとめる将棋漫画。
作者は「デビリーマン」の人。
デビリーマンは作画こそヤバかったけど、話は時々オッと思わせるものがあったよなあ。
前回からしばらく時間があいた間に、画力はものすごいレベルアップしてるので今回は割と真正面から楽しみ。

主人公が二重人格というのは中々の飛び道具だと思うけど、一話は二人の心情に丁寧に寄り添っていたので違和感はナシ。
夜しか表に出てこられない星ちゃんが、太ちゃんの導きで将棋の世界へ帰ってくるまでの話。

星ちゃんが将棋から離れたのは「(子供の)自分が出てこれる時間では将棋はできないから」でいいのかな。
でも今回まさにそうなったように、奨励会やプロの世界では遅い時間まで打つこともあるわけで、太ちゃんはここへ彼を連れてきたかったと。

良かったのは、太も星もお互いのことをリスペクトして、大事に思ってるってところでした。
特に太ちゃんが新聞に載るほどに活躍してるのを知って本気で喜ぶ星ちゃんが良かった…。
星ちゃんが将棋から離れた理由も、仲違いとか飽きたからみたいなネガティブな感情じゃなかったのが良かったですね。

一話時点だと将棋をどう描くかまでは見えなかったので、そこは次回に期待。
対局模様そのものを漫画で面白く見せるのは無理だと思うので、うまくドラマを展開して欲しい。

Dr.STONE


思ってたより早く石化の正体へたどり着きそう。
「党首」という具体的な人間がいて(そいつがソユーズに似ていて)、光る何かで石化させている、というところまで判明しましたね。

とはいえホワイマンを放置して謎が全部解けるともあんま思わないけど…。
石化手段をたまたま手に入れた何者かが悪用している、とかかなあ。
島に科学は無いようだし、ホワイマンもここで石化光線が使われていることに気付いていない、とか。

サムライ8


2話で登場したヒロインが両手とお喋りする性同一性障害とか飛ばしすぎる…。
ただこのサイバネティック世界だと、両手が本当に人格持っててもおかしくなさそうだ。

漫画に限らず、昨今ジェンダー関連への慎重な対応はどこでも配慮されているけど、主人公の「ちんこがついてりゃ男だろ?…違う?」に細かな配慮を感じた。
一般論述べつつ、違う?と断定しないで相手に答えを委ねている感じ。
NARUTOは海外でヒットしてきた漫画だし、作者はその辺の配慮上手そうだな。

呪術廻戦


フワーオ

呪霊ってのはこんなんばっかしか!
ねえこれ兄者VS虎杖・釘崎・弟者のマッチアップになってない?大丈夫?

ところでこの兄者、ジョジョ4部のチープトリックに構図がそっくりですね。
釘崎はどうも見せ場的に虎杖・伏黒に劣るのでここらでカッコイイところ見せて欲しい。

話のメインは伏黒の回想シーン。
やっと登場したつみき姉ちゃんがすごい良い姉ちゃんぷりで嬉しい。
伏黒が弟してるところが見られるとは!

自分に説教してくる相手をもって「自分を選んで説教してくれてたんだろ?」って思える伏黒の繊細なメンタルいいよね。
不平等に人を救ける伏黒の根幹でした。

ハイキュー!!


鴎台戦は烏野が持ち味を発揮できてない場面が多くて、見ててしんどい回が多い。
今回は一年生が活躍したけど、一方エースは狙い打たれてサーブもネット、と低空飛行。

音駒戦がお互いの全開でぶつかり合う感じだったので、全開を出せてない感じフラストレーションが貯まりますね。
稲荷崎戦で田中・日向が覚醒シーンあったように、今回は旭さんのそれが見られそう。

ぼくたちは勉強ができない


まゆふ先生回!!!!
アニメでもちょうど自宅の汚部屋ぶりがバレる回をやっていてタイムリーですね。
まふゆウィーク。

珍しく?一切真面目な話のないコメディオンリー回でした。
まふゆセンセの脳内がよりピンク色になっているような、前からこんなもんだったような。

生徒を自宅に招くのも中々アウトだけど、生徒つれて自分の新居選びと契約に行くのもかなりアウトだよな。
つまり全部アウトだ。
卒業を待て。
でも二人のはじめては生徒指導室でヤるのがいいとおもう。

火ノ丸相撲


部長と火ノ丸がイチャイチャする回だった。
ダチ校相撲部も集合してて、高校編にかえったようですね。

そんなこと起きるのかわからんけど、激しいぶつかり合いの中で大銀杏が解けて学生時代の髪型に戻ったりしないかな。
なんかこう、仮面ライダーでマスク部分だけ取れて素顔が見えるみたいな演出。

応援席には部長の両親と五条家が揃っていて、これ被害者家族と加害者家族の顔合わせだな…。

アクタージュ


夜凪景はステーキで釣れる。
そして夜凪ちゃんが釣られた瞬間ピリつく千代子ちゃんと阿良也が面白すぎる…。

王賀美はもうちょいスケベな男かと思ったけど、年齢聞いて態度改めたり、思ってたより紳士だった。
花束はお預けにして一輪髪に差してやるのがスゲーエロくてカッコいい。ただしイケメンに限るやつ。

珍しく前振りが長かったですが、次週からダブルキャスト編が本格的に始まりそう。
他の出演者のコマに武光くんや和歌月さんが居たのが嬉しい。
真咲くんと茜ちゃんは舞台の人じゃないし無理かな…。

ここまでオールスターで来るなら、きっと星アキラも来るよね。

最後の西遊記


やっぱ会話シーンばっかりなんだよなあ。
「説明」ばかりで物語が動いてないというか。

エステルの過去とか、ドラマの中で語るべきじゃねえの。
読者はまだコハルの面倒見てくれてる気のいいお姉ちゃんってことしか知らないんだけど。

もう11話なんだけど、まともなバトルも真お兄ちゃんとの一回きりだし。
体感まだ4話くらいな気がしている。

掲載位置も最下層まで来ちゃってるし、悠長にしてる暇ないと思うんだけど、あるいはもう終わるの確定しちゃってたりすんのかな…。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

名前の入力はしなくても大丈夫です(匿名表記になります。)

過去記事一覧

カテゴリ一覧