新着記事

その他の スマホゲームの記事

【序盤レビュー】ブルーアーカイブ

2021/02/06


今日のレビューは2/5にリリースされたスマホゲーム『ブルーアーカイブ』です。
アズールレーンやアークナイツで知られるYostar製ということで、中国発の美少女ゲームとなっております。
3時間遊んだ現在、モブも含めて男性キャラがゼロです。潔いです。


学園都市を舞台にした学生による治安維持活動、という明るいラノベ寄りの世界観。
中華系のスマホゲーは、アークナイツやパニシング:グレイレイヴンのようなシビアで壊滅的な世界観の印象が強いですが、本作はだいぶ日本受けのしやすそうな設定になっています。

ちなみのこの「キヴォトス」とは学園都市の名前。ギリシャ語で「方舟」という意味らしい。
アークナイツの明日方舟といい、Yostarは方舟って単語が好きなのだろうか。
まさか世界観繋がってたりするかな?
アークナイツには天使の輪を頭上に浮かべたサンクタ(天使)という種族が出るらしいけど…(アークナイツ攻略Wiki知識)。

リセマラについて


多分新作スマホゲーで誰もが一番気にするポイント。
結論から言うと「ちょっと手間はかかるが、今なら超効率良く回転可能」です。

  1. アプリ起動。アカウント連携は「GUEST」にする。
  2. チュートリアルを進める。
    会話パートが始まると右上メニューからスキップが可能。
    バトル中はオートで進むが、説明テキストが出たらタップしないといけない。
  3. ホーム画面に移って、最初のチュートリアル10連が回せる。
    チュートリアル10連は星3(SSR)が一枚以上確定。運がいいと2枚抜きもある。
  4. チュートリアル10連が終わると編成のチュートリアル→バトルをもう一回。
  5. 終わるとホーム画面解放。右上のメールアイコンからプレゼントが受け取れる。
    今はリリース直後+キャンペーン的な石が大量に配られており、おおよそ50連回せる。これは本当に大きい。
  6. プレゼントを受け取ると「神名文字」のチュートリアルでキャラ一覧画面が開かれる。
    (神名文字は集めるとキャラと交換できるシステム)
    星2キャラ「ジュンコ」で交換の説明を受けるが、このとき交換自体はしなくても大丈夫。
  7. 同時にキャラ一覧にて、レベル上げ・装備・スキル上げの説明が入る。
  8. 以上を済ませると自由の身。思う様ガチャを回せる。
    全部回すと、多分その時点で石が900個ちょい残るはず。
  9. 更にホーム画面右下の「お仕事」から任務を3ステージ(1-1のSub2つ+TR-1)やってミッションの受け取りもすると、石が1200を超えるのでもう10連回せる。

シナリオ部分はスキップして、以上で1回あたり10分かからないくらい。
リセマラが終わったら、端末が壊れたときとかの対策としてアカウント連携をしておきましょう。
チュートリアル部分のシナリオを飛ばした場合は「お仕事」→「ストーリー」→「アーカイブ」から見ることが出来ます。

ガチャについて


このゲームのSSR率は3%くらい。
50連も回せればSSRが2人くらいは出るはず。3人も出たら十分大当たりと言える。

ただし、ゲーム的には高レアを引くよりも、攻撃属性を広く取ったほうが進めやすい印象。
「一部の高レアでゴリ押しできる」ゲームではなく「マップ・敵属性に合わせた多彩な手札」が必要なタイプなので、高レアにこだわりすぎても良くないと思う。

なおスキップを押しても、SSRだけは排出演出を飛ばされず見ることが出来ます。

ちなみにこのゲーム、キャラごとの個別排出率が書いていないんですが、同レアリティにおいても排出に偏りがある印象。
私の狙っていたSSR「ヒナ」を1回引くまでに、別のSSRキャラ2、3人を4、5回引くくらい偏ってました。
運が悪かっただけならいいんだけど。

学園都市を舞台にした世界観


今の所細かい設定は語られていませんが、女子しかいない(らしい?)学園都市にて、色々な学校が共闘したり対立して戦っている中、全校を統括する連邦生徒会の作った治安維持組織「シャーレ」の顧問になった「先生」が、都市に起こるトラブルを解決していく…というお話。
君ら勉強はしてるのか?

チュートリアルを終えた段階ではガチで男性キャラがゼロです。
主人公の性別も明言されていませんので、男先生ハーレム派閥も、女先生百合天国学派も自分を満足させられるでしょう。
キャラ間の横のつながりもしっかりあるので、カップリング過激派の人も安心です。
男がいない設定に意味があるのか、描写上オミットしてるだけなのか、弱いオタクへの配慮なのかは現時点では謎です。


学園都市をわざわざ舞台にしたとおり、キャラクターには所属する学校という形で横のつながりが設定されています。
まだシナリオの序盤しか遊んでいないのでどんなもんかはこれからですが、OP時点のスチルを見ると、いい感じに派閥的な仲良し感や、学校ごとの雰囲気みたいなのが見て取れます。
私のお気に入りは敵キャラっぽいビジュアルが印象的なゲヘナ学園です。


ただ甘くて女の子ばっかりな世界観、というだけではなく、チュートリアルでは意味深な謎の少女との会話、なぜ主人公にシャーレ顧問の役割が任されたか、暗躍する仮面の敵キャラ、などストーリーや設定の謎方面でも期待のできるポイントがいくつか用意されています。
かわいいだけだとやっぱ続かないので、シナリオの先が見たいと思わせてくれる要素があるのは良いですね。

ちなみにアズレンやアークナイツと比べても、ローカライズの安定感が格段に上がっています。
せっかく燃える展開なのに、言葉選びがおかしくて引っかかってしまう…みたいなことが無いので、中華ゲーを敬遠していた人にもおすすめできます。

プリコネライクのベルトスクロール3Dゲーム


さて、肝心のゲーム要素部分。
左下から右上に向かってオートで進み続け銃撃戦を行い、プレイヤーは任意のタイミングでスキルの発動が可能という、昨今多いオート進行形のゲーム。
都度プレイヤーが手を入れないと進まないゲームは、今どきファンを付けられないんですかね。


画面右下にはチーム全体で共有のコストゲージが貯まり続け、スキルカードを切るとその分消費をしてスキルが発動します。
単体高ダメージ技や範囲中ダメージ技、バフ・デバフに回復を組み合わせてバトルを進めていきます。


特徴的なのは全キャラが銃装備ゆえにリロード時間があることと、銃ゆえに遮蔽物を使って回避率を上げられること。
まぁ遮蔽物を使うところもオートなんですが、それは敵キャラも同じというのがポイントで、スキルを上手く使ってプレイヤーが能動的に遮蔽物を壊しに行く、というプレイングが可能です。
更に爆発物を投げるスキル持ちのキャラが入れば、遮蔽物の上を抜けて隠れた敵を直接狙うことも可能。

似たタイプのオート進行ゲーに比べると、バトル画面に奥行きがありプレイヤーの裁量が多い感がありますが、基本はやっぱりオートで、キャラの行動を眺める時間が多くなります。
私はまだ序盤なので力でごり押し出来ていますが、難易度が上がってくると、多分キャラの育成と編成がなにより重要なゲームになるでしょう。

こうした任務を進めていくと、シナリオパートが解禁されていく仕様です。
ここもプリコネ的ですね。

キャラクター性能


まず大前提のタイプ分けとしてSTRIKERとSPECIALの2タイプがあり、STRIKERはプレイアブル、SPECIALは画面外からスキル発動のみ出来るサポート枠、という違いがあります。
SPECIALも3Dモデルはきちんとあるのですが、画面外で支援してくれるだけなので、推しがSPECIAL枠だとちょっとさみしい。
私は3番目くらいに推せる!と思った褐色メイドがSPECIAL枠でしょんぼりした。

パラメータ


HPや攻撃力などの他、珍しいところでは治癒力やCC(クラウドコントロール値)、コスト回復力などがある。
治癒力は回復効果を受けたときの倍率、CC値はスタン等のデバフの付与率&抵抗値、コスト回復力はコストゲージのチャージ速度に関わる。
コスト回復力は今の所、全キャラ700で固定っぽい?ここが高いだけで戦闘能力のないサポート、みたいなキャラが今後出るんだろうか。

ちなみにこのゲーム、レベルを上げたときのパラメータ上昇幅が大きいので、多分レベル上げをさぼると難易度が一気に上がりそう。

タイプ

あとはキャラクターにはそれぞれパラメータの他に

  • 役割
  • 戦闘ポジション
  • 地形適正
  • 攻撃タイプ
  • 防御タイプ
  • スキル

が設定されており、ここのバランスを見て編成を検討します。

役割


キャラクターの持つスキルやパラメータの傾向を示すアイコン。
タンク、アタッカー、サポーター、ヒーラーの4種があり、文字通りの傾向が設定されています。

タンクを一人だけ入れるとダメージが偏るので、HPをフォローできるヒーラーがいないと…とか、アタッカー3人をサポーターのバフで盛って速攻オート周回…みたいな感じ。

戦闘ポジション


キャラごとにFRONT/MIDDLE/BACKがあり、戦線においてどのあたりに陣取って攻撃をするかがわかります。
タンクは大抵FRONTなので、一人タンク=一人FRONTとなり、ダメージが偏ってしまうわけです。
もちろんタンクがFRONTで銃弾を受け止めてくれれば、MIDDLEやBACKは安心して攻撃可能。防御値のパラメータが低いキャラを守ることができます。

全員BACKにすれば敵との距離は遠くなりますが(敵も全員銃装備なので、実は距離を取る意味自体はあんまりない)、全員が同じポジショニングで一箇所に固まると、範囲バフや範囲回復の対象キャラが増え、効率よくスキル効果を得ることができます。

もちろん敵の範囲攻撃も全員まとめて食らうことになりますが、そういうスキルを持たない敵相手であれば、メリットだけを享受することも可能だったり。
ただしBACKのキャラは守備力が低い傾向にあるので、長期戦になると撤退のリスクが高くなっていきます。

配置を散らして戦うメリット、配置を固めて戦うメリットがそれぞれあるので、敵に応じて変える必要があります。

地形適正

マップには屋内・市街地・屋外の3種があり、キャラによって適正があります。
得意地形ではダメージUP、苦手地形ではダメージが下がり、適正普通なら変動なし。

このUPとDOWNの倍率がまだわからないので、重要度はちょっとわかりません。
序盤は市街地ばっかりなので、市街地適正の高いキャラがいると良い…かも。

攻撃タイプ

キャラごとにノーマル、爆発、貫通、神秘、破壊の5種があり、敵の防御タイプに応じてダメージの倍率が変わります。
ダメージ値に「WEAK」「RESIST」の表示が出るので、見た目でわかるようになっています。

防御タイプ

こちらは軽装甲、重装甲、特殊装甲、構造物(これはマップオブジェクトのこと)の4種があり、攻撃タイプに応じて「WEAK」「RESIST」の計算が行われます。

ノーマル 爆発 貫通 神秘 破壊
軽装 × ×
重装 × ×
特殊装甲 × ×
構造物 × × × ×

空欄は被ダメ・与ダメ変動なしです。
軽装・重装は割と頻繁にザコで出てくるので、爆発・貫通持ちは編成に入れておきたいところ。

ただせっかく図にしたけど、正直同色で攻撃すると有利ってことだけ覚えておけば大丈夫。

スキル


全キャラに

  • EXスキル
  • ノーマルスキル
  • パッシブスキル
  • サブスキル

が設定されています。

EXスキルはコストを支払い、プレイヤーが自分で発動できるスキル。
ノーマルスキルはスキルごとに設定された時間おきに、キャラが自分で発動してくれるスキルです。
パッシブスキル、サブスキルはオート発動のバフ系スキル。

ちなみに星の数によって解禁されていく仕様になっており、サブスキルまで解禁するには星3以上が必要になります。
SSRは最初から全解禁ですが、SR(星2)以下のキャラは神秘解放というレアリティを上げていく工程が必要になります。
序盤から出来ることではないので、当面のSSRの利点は最初から全スキル解禁されていることと言っていいレベル。

キャラクター所見<STRIKER>

最後に引いたキャラクターの所見でも。
リセマラしてる人は良かったら参考にしてください。

ヒナ


ビジュアル見て最初にオッ!となった個人的一押しキャラ。
ゲヘナの最上級生にして風紀委員長、という美味しいポジション。合法ロリ。
ガトリングガン的な武器で後衛から大ダメージをばらまく火力担当です。

ステータス
役割 アタッカー
ポジション BACK
攻撃タイプ 爆発
防御タイプ 重装甲
得意地形 屋外
スキル
EXスキル イシュ・ボシェテ
COST:7
扇状範囲ダメージ
ノーマルスキル リロードアンドデストロイ
弾数0時に即時リロード+攻バフ
パッシブスキル 冷徹な風紀委員長
攻撃速度アップ
サブスキル 徹頭徹尾
隠れていない敵に追加ダメージ

屋外対応で軽装相手の有利タイプ、ということで序盤からめちゃくちゃ出番の多いキャラです。


EXスキルはダメージ倍率が非常に高いがコストが重く、速攻をかけるには向かないタイプ。
また、ギャグみたいな話だが扇状の範囲内でも、弾のライン上にいない敵には攻撃が当たらない。画像でも無傷で棒立ちしてるBOSSがおり、隙はそこそこある。
リロードアンドデストロイは全キャラ共通で起きるリロード時間をほぼゼロにできる、これまた超便利なスキル。

ビジュアルで選んだキャラだけど、性能面でもトップクラスに有用なキャラクターだと思っています。

アル


ヒナと同じくゲヘナの生徒で、自分の作った便利屋の社長を名乗る。
目つきがものすごく悪いけど面白いお嬢さんです。

ステータス
役割 アタッカー
ポジション BACK
攻撃タイプ 爆発
防御タイプ 軽装備
得意地形 屋外
スキル
EXスキル ハードボイルドショット
COST:4
敵単体ダメージ+その周囲にダメージ
ノーマルスキル ノワールシュート
敵単体にダメージ+確率でその周囲にダメージ
パッシブスキル 社長の威厳
会心ダメージ率アップ
サブスキル アウトローの流儀
EXスキル使用時、会心ダメージアップ


遮蔽物を超えて範囲攻撃できるEXスキルがとても便利。
こういった投射攻撃は「ゲームを遊んでいる」感がとても出るので、使っていて楽しいキャラです。
コストも便利さの割には軽め(コスト4は重さ度でいうと真ん中くらい)なのでちょくちょく切っていくことが可能。

ユウカ


チュートリアルで加入してくれるキャラクター。
どことなく正妻ヅラしてきそうな、渋谷凛ポジションの匂いがする。
貴重なタンクタイプなので、序盤は頼るシーンが多くなりそう。

計算が得意なようで、主人公先生の経理の手伝いをしてくれる。

ステータス
役割 タンク
ポジション FRONT
攻撃タイプ 爆発
防御タイプ 重装甲
得意地形 屋内
スキル
EXスキル Q.E.D
COST:3
治癒力に応じたシールドを貼る。
ノーマルスキル I.F.F
敵単体にダメージ
パッシブスキル 最適解の導出
防御力アップ
サブスキル 高速暗算
隠れているとき、治癒力に応じて回復

バリア、防御バフ、回復を持つ典型的なタンクキャラ。
なおステータス画面から更に「詳細」ボタンを押さないとわからないが、実は回避型のタンク。
一般的なキャラが回避200とかの頃にユウカの回避は1200を超える。
戦闘中に注視してみると「MISS」を連発させているので確認してみよう。
その分防御は並なので、被弾への警戒自体はもちろん必要です。

ダメージを稼ぐ手段が少ないので、ちゃんとMIDDLEやBACKにダメージ要員を揃えてあげよう。

サブスキルの「隠れているとき」というのは上述した遮蔽物に隠れたときのことですね。
ただし星2キャラなので、最初はサブスキルが解禁されない。もどかしい。
Area1のHARD(1-5クリアで解放)で1日3回、ユウカの神名文字を獲得出来るので早めにオープンしておきましょう。
プリコネ同様、確定ドロップはないので長い道のりになります。

ハスミ


チュートリアルで加入してくれるキャラクター。
黒髪ロング、黒セーラー服、巨乳、太もも、ガーターベルトと加減を知らないキャラ。
プレイヤーへの好感度も何故か最初から異様に高くて愛が重いので、この子好き!って人は絶対多い。

ステータス
役割 アタッカー
ポジション BACK
攻撃タイプ 貫通
防御タイプ 重装甲
得意地形 市街地
スキル
EXスキル アーマーピアッシング弾
COST:5
敵単体にダメージ
ノーマルスキル 冷徹な心
敵を倒したときすぐリロード+会心ダメージアップ
パッシブスキル 照準よし
会心ダメージアップ
サブスキル 目標探索
リロード時に会心率アップ

最初に手に入る貫通ポジションのキャラ。
スキルはものすごくシンプルだが、どうやら会心の一撃に偏ったスキル構成になっている模様。
ただし星2キャラのため、肝心の会心率が上がるサブスキルが最初は使えない。
星3になったらだいぶ使い勝手が変わりそう。

スズミ


チュートリアルで加入してくれるキャラクター。
中華ゲーは銀髪ロングのお嬢さんが好きすぎる。

ステータス
役割 サポーター
ポジション MIDDLE
攻撃タイプ 爆発
防御タイプ 重装甲
得意地形 なし(全部ノーマル適正)
スキル
EXスキル オーダーメイド閃光弾
COST:4
円形範囲内にダメージ
ノーマルスキル 自警団の底力
敵単体にダメージ
パッシブスキル 緊急回避
回避率アップ
サブスキル 自警団の猛襲
CC状態の敵に追加ダメージ

投射型のEXスキルで遮蔽物を乗り越えたダメージをばらまくことができる。
尖った性能はしていないが、その分雑に編成に組み込めるタイプだと思う。

ただし星1なので、最初はEXとノーマルスキルしか解禁されていない。
サブスキルまで解禁するには結構な手間がかかる。

ちなみにCCとは「クラウドコントロール」のことで、スタンや恐怖などのデバフを総称する言葉。
私は知らなかったんですが、FF14とかで使われる用語らしい。
ステータスにもCC強化力(デバフ付与確率)とCC抵抗力(デバフ抵抗率)のステータスがあります。

スズミのサブスキルでは、CCを食らった状態の敵に対して追加ダメージを与える効果、ということになります。
EXスキルの閃光弾には追加で気絶効果があるので、それで倒しきれなかった相手にとどめを刺すための効果、ということですね。

ジュンコ


チュートリアルで加入してくれるキャラクター。
神名文字で加入させることになるが、神名文字はキャラの上限解放にも使うので、運良くガチャでジュンコが引けた場合は、チュートリアル中にもらった神名文字を上限解放に取っておくことを勧める。
(チュートリアルでは神名文字での交換方法を教えてくれるが、その場で交換しなくてもチュートリアルは進む)

ステータス
役割 アタッカー
ポジション MIDDLE
攻撃タイプ 貫通
防御タイプ 軽装
得意地形 市街地
スキル
EXスキル 空腹のイライラ
COST:5
直線範囲上にダメージ+自分にダメージ(デメリット)
ノーマルスキル お腹空いてる時は話しかけないで!
HP20%以下のとき、不死身状態を付与(1回)
パッシブスキル 小柄のメリット
回避率アップ
サブスキル 空腹の美食家
攻撃時、減ったHPに応じて敵に追加ダメージ発生

MIDDLEの貫通アタッカー。
EXスキルはデメリットがある代わりに、コストの割にダメージ倍率が高い。
HPが減ってこそのいわゆる「背水」キャラ。

ただしこのゲーム、キャラが一人でもHP0になるとクエスト評価星3つの条件が満たせなくなるので、普段のクエストではちょっと使いづらい。
しかもデメリットを回避しようとEXスキルを避けると、パッシブ以外発動しなくなるので凡百以下のユニットになってしまう。

難易度の高いクエストでもない限りはデメリットダメージは致命にはならないので、出番がないわけではない。

ムツキ


この子はガチャキャラ。
ゲヘナ学園の生徒で、上で紹介したアルの幼馴染かつ便利屋の所属。
こういう設定の横のつながりがいいんですよね…いいんですよ…。

ステータス
役割 アタッカー
ポジション BACK
攻撃タイプ 爆発
防御タイプ 軽装
得意地形 屋外・市街地
スキル
EXスキル 灼熱のセレナーデ
COST:4
円形範囲3つにダメージ
ノーマルスキル 爆裂のアリア
地雷を20秒ごとに3つまで設置
パッシブスキル 楽しく遊ぼう!
攻撃力アップ
サブスキル 楽しくいこっか?
攻撃時に確率で命中アップ

範囲の広いEXスキルとシンプルかつ強力なパッシブが魅力のキャラクター。
ただしノーマルスキルの地雷は、地雷ゆえか配置がプレイヤー陣のすぐ側という敵に踏ませるのが難しい配置。
敵が自陣まで乗り込んでくる「特別依頼」の「拠点防衛」などで使おう。
通常の任務だとほぼ死にスキルになると思われる。

キャラクター所見<SPECIAL>

チナツ


チュートリアルで加入してくれるキャラクター。
ストレートなヒーラータイプなので、タンクを入れる場合は編成に入れておきたい。

ステータス
役割 ヒーラー
ポジション BACK
攻撃タイプ 貫通
防御タイプ 軽装
得意地形 なし(全部ノーマル適正)
スキル
EXスキル 戦傷治療
COST:4
味方一人を回復
ノーマルスキル 戦況の立て直し
HPが最も低いキャラの回避をアップ
パッシブスキル 医療支援を強化
治癒力アップ
サブスキル 防御支援を強化
味方の防御力アップ

前述のとおりキャラが一人でもHP0になるとクエスト評価が星2以下になってしまう。
そのため彼女に限らず、ヒーラーは一人は入れておきたいところ。
星1なのでパッシブもサブも最初は未開放なのが惜しいところ。

コタマ


この子はサポーター。
チナツと同じくらいシンプルな性能をしており初心者向け。

ステータス
役割 サポーター
ポジション BACK
攻撃タイプ 爆発
防御タイプ 軽装
得意地形 屋外
スキル
EXスキル 傍受開始
COST:4
範囲内の味方攻撃力をアップ
ノーマルスキル 弱点を盗聴
敵1体にダメージ+攻撃ダウン
パッシブスキル 集中解析
命中アップ
サブスキル 電波拡散
味方の攻撃力アップ

全スキルがバフ・デバフに偏ったサポーター。
EXスキルの攻撃アップが範囲効果なので、前述したような「キャラ全員BACKで揃える」みたいな編成にメリットが生まれる。
ただ、このスキルの倍率を上げるスキル育成の素材が最初は揃わないので、十全に活かせるのはだいぶ先になりそう。

その他の要素

ゲーム進行で解禁になる要素がそこそこあります。

モモトーク


キャラクターとLINEでのやり取りができる。
好感度に応じて会話が展開し、イベントスチル付きの会話イベントが解禁になる。
ここで開放したスチルは、ホーム画面にキャラを配置したときの待機画面として使うことが出来る。
キャラによっては結構どすけべなスチルもあるらしい。

カフェ


いわゆる拠点システム。確か任務を2-1まで進めると解放。
3Dキャラがうろついて、話しかけたりアイテムを贈ったりできる。
キャラの好感度は主にここで稼ぐっぽい。

また、家具を配置して快適度を上げると時間経過でクレジット(お金)とスタミナを得ることが出来る。

スケジュール


任務を2-3まで進めると解放。
シャーレのオフィスや居住区、各学園で生徒と一緒に時間を過ごすことが出来るシステム。

ゲーム的に言うと、スケジュールチケットというアイテムを使って好感度を上げられる機能。
チケットは1日に上限の3枚まで配布されるので、ログインしたらとにかく速攻で使ってしまってよさそう。

場所によっては、同じロケーションを回ってランクを上げないとスケジュール解禁されない。
高ランクのロケーションでしかスケジュールを指定できないキャラは、つまり高嶺の花ということになる。
最初から選べるエリアのキャラはお得、高ランク限定のキャラは好感度を稼ぐのが難しくなってしまっている。

メニュー画面には「製造」「サークル」という項目もあるのですが、任務3以降まで進めないと解禁されない模様。
うちはまだ2-3なのでもうちょっと先の話ですね。

 

ということでブルーアーカイブの序盤レビューでした。
結構快適で、プレイヤー的には難しいことはあまり求められず、キャラは可愛く、スチルが多いと中々見どころの多いゲーム。
どれくらい本腰をいれて遊べるかわかりませんが、現時点ではかなり好感触でした。

スポンサードリンク

『【序盤レビュー】ブルーアーカイブ』へのコメント

  1. 名前:腰が痛い 投稿日:2021/02/27(土) 11:04:31 ID:AyNjcyNDk

    アプリを入れたら案の定、起動していないのに
    何やら勝手にダウンロードしているので、使用メモリが増えていきます。不安です。
    中華製なので仕様なのでしょうか。
    アズレンでは問題はありません。
    キャラはカワイイので、戦闘もオートでサクサクなのでイイのですが。

  2. 名前:管理人 投稿日:2021/03/02(火) 17:04:23 ID:U0MzgyODk

    >腰が痛いさん
    腰の痛みは寝具や椅子の具合を確認してください。

    アプリの信用については私が保証できるはずもないので、何も言えません…。
    i phoneだとアプリ操作中にメモリの使用量とかわからないですしね。
    ゲーム自体は快適で楽しいですよね。

コメントをどうぞ

名前の入力はしなくても大丈夫です(匿名表記になります。)