感想日記

9/25 サイトデザインの調整中

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 #9「そして、雪ノ下雪乃は」2015/06/16 


やっと丸く収まった奉仕部は、ようやく今回から平常運行です。
と言いつつ、あんな恥ずかしい告白をしちゃった分、
ほんのちょっとだけお互いの距離感を測りかねていたりもします。

 

oreg2_9_00001oreg2_9_00002
カッコよく?決めたあとをこんな風に描写する作品初めて見たわ…。
確かに勢いで言った言葉ってあとで恥ずかしくなったりするけど…。
びしっと決まらない感じが実に八幡。

 

oreg2_9_00003
やっと笑えた。

 

oreg2_9_00004oreg2_9_00006oreg2_9_00007
話しかけるにもタイミングが掴めない雪ノ下。
今まで完全に自分のペースで自分から声かけてたのにね!

 

oreg2_9_00008oreg2_9_00009
こっちは素直にかわいい…。
本当子犬系だなこの人。

 

oreg2_9_00010oreg2_9_00011
名シーン。
いつの間にかいろはすと阿吽の呼吸になってる八幡に女子二人はびっくりです。
というか、八幡が女子と親しい距離感をとれていることにまずびっくり。

 

oreg2_9_00012oreg2_9_00013
平塚先生から頑張ったご褒美にデスティニーランドのチケットをもらいました。
課題がちゃんとできましたからね。
というか八幡すごいハーレムぶりですねこれ…。

年間パスポート持ってる雪ノ下を見て「ねんぱすー」って言う八幡がカットされたの惜しい。

 

oreg2_9_00015
いざデスティニーランド。
こんな勢揃いしてるの千葉村以来ですね。

「どれ乗る?」
「まぁ…アレ(京葉線)かな」
「帰る気まんまんだっ!?」
がカットされたのが惜しい。

 

oreg2_9_00016oreg2_9_00017
強引に写真撮っちゃうガハマさんパワー。
ここ原作でも挿絵になっていたのですが、めちゃ良い絵なので原作も買おう。

 

oreg2_9_00018oreg2_9_00019oreg2_9_00020
とべはや!
戸部っちは単純にビビって葉山と一緒に乗ろうとしてたわけですが、
むしろ板挟みから解消されて助かったのは葉山。
ここで海老名さんに男見せられないのが戸部っちですよね。

 

oreg2_9_00021oreg2_9_00022
「ぎくしゃくしてたの、あのせいだったりする?」
7巻、修学旅行のくだりですね。
海老名さんへの告白を阻止するため、自分が先に告白してフラれるという茶番を演じた八幡は、
しかしそのせいで奉仕部の2人との間に歪みができ始めます。

あの時雪ノ下とガハマさんは海老名さんの依頼の真意を知らなかったので、
八幡が突然先にフラれることで告白を阻止、というのは完全に想定外でした。
一方で八幡も、葉山がなんとかすると思っていたのであの段階まで有効策は打てず。

確かに奉仕部が歪み始めたきっかけではありましたが、あくまできっかけ。
今は仲良くしていられる雪ノ下とガハマさんを見て、八幡は関係ないとうそぶく。

 

oreg2_9_00023
あーしさんのおかんパワー!
この人なんで金髪縦ロールなんて髪型してんだろう…もっと似合うおかんスタイルあるよ絶対…。

 

oreg2_9_00024oreg2_9_00025
まさかの私語厳禁。
ここめっちゃ笑った。

 

oreg2_9_00026oreg2_9_00027
小町へのプレゼント選び。
原作だと戸部っちが
「ヒキタニ君妹ちゃんのプレゼント選ぶんしょ?俺ら先にレストランで並んでるからゆっくり選びなよ」
みたいな台詞があって戸部ちょういいやつ…ってなるんです。

 

oreg2_9_00028oreg2_9_00029
鬱陶しいかわいい恥ずかしい邪魔臭い。
「かわいい」の言い方がエロ本をジャンプで挟んで買う高校生みたいだ。

八幡からも一歩踏み込む。
八幡も当然、ガハマさんの気持ちはわかっていて、それに答えていいのか決めきれない。

ガハマさんとのイベントはどうもストレートにラブコメしてる感じですね。
タイトルを考えると素直にラブコメしてるこっちは最終的に選ばれないんじゃ…とか思っちゃいますが。
かと言って雪ノ下もラブコメとは違う感じがして、本当どうなるんでしょうこの3人。

 

oreg2_9_00030oreg2_9_00031oreg2_9_00032
「いつか、私を助けてね」
家庭の問題の話をしたあとにこれを言うのが本当重い…。
合わせて急転直下するコースター。どう見ても隠喩。

サブタイトルの「そして、雪ノ下雪乃は。」という題のとおり、
今後の雪ノ下を象徴するシーンとなりそうです。
片鱗はすでに10巻で。

いろんな掲示板とかでこの台詞が「呪い」扱いされてて笑った。

 

oreg2_9_00033oreg2_9_00034
ここ!原作でもわかりづらかったけど、
「買い物でもしてきたのか、薄い縦長のビニール袋をかばんに仕舞っているところだった」
って描写があるんですよね。

知っている人はピンと来るでしょう、そう記念写真です。
私はUSJのしか知りませんが、この手のフリーフォールは落下する瞬間を写真に撮ってくれるのです。
雪ノ下にとっては、貴重な貴重な八幡とのツーショット写真です。
ガハマさんと写真撮るときも恥ずかしがってたのにね!

あと地味に雪ノ下の分はパンさん仕様のドリンク買ってくる八幡があざとい。

 

oreg2_9_00035oreg2_9_00036
花火の鳴り響く空の下、告白してフラれたいろはすで今回は終わり。
原作だとこの後八幡と葉山の会話があります。
10巻のエピソードにも通じる話があるのでおすすめ。

 

oreg2_9_00037
次回予告はルミルミ!
まさかの「バカばーっか」が超超かわいくて9話の内容全部吹っ飛んじゃった…。今こうしてブログ描くために見返しててもマジ耳が溶ける…。
すみれちゃんにこんな芝居ができるなんて知らなかったよ…。

この次回予告毎回だけど、過去の映像の口パクと新録の台詞を違和感なく同期させてて地味にすごいと思う。

 

ということで俺ガイル9話でした。
久々に仲の良い奉仕部が見られてもう本望です。
「ん」と「う」を取ったらホモです。

-->
更新履歴
カテゴリ一覧