感想日記

4/16 今とても頭が痛い

MENU
トップ > やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 BD1巻

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 BD1巻2015/06/28 


oregairu2bd_1_4
本放送が終わらぬうちから発売されましたBD1巻のレビューです!
1巻初回版は原作者描きおろしの小説やサウンドトラックがついてきます。
詳しい仕様は公式サイトを見るのが早いでしょう。
…知ったところで、今から買えるかは微妙なところですが。

 

oregairu2bd_1_8
ジャケットは1期1巻と対になる感じでしょうか。
雪ノ下の書き方がだいぶ変わってますね。

 

oregairu2bd_1_5
oregairu2bd_1_6
内装はこんな感じ。サントラがあるのでディスク2枚組ですね。
1期にもついてた収録内容をまとめたペーパー入り。

ただ、今回は1期の頃ついてたブックレットがないようなんですね…。
あれ描きおろし漫画や原作者コメントが面白くて好きだったんだけどなー。

 

oregairu_bd2_1oregairu_bd2_3oregairu_bd2_4
本編の感想についてはこちらをご参照ください。
1巻の収録は1話のみ。収録話数の構成は1期と同じですかね。

 

ノンテロップオープニング・エンディング
oregairu_bd2_5oreg2_3_36
oregairu_bd2_7oreg2_1_6
ノンテロップOP・EDは本放送1~3話で使われた簡易版?も収録です。
BDでは1話から4話以降版OPが使われていますので、やっぱ単純に制作が間に合わなかったのかな…。

 

PV・CMなど
oregairu_bd2_10oregairu_bd2_11
PV・番宣CM・映像ソフトCMが収録されています。
映像関係あらかた収録されてるけど、2巻以降本編以外に何か入るんだろうか…。

 

Anime Japanステージイベント映像
oregairu_bd2_12oregairu_bd2_13oregairu_bd2_14
oregairu_bd2_15oregairu_bd2_16
1期の1巻にも入っていた、アニメ放映前に開催されたステージイベントの模様です。
戸部訳のチャドさん司会のもと、メインキャラ4人の出演です。

1期1巻のときこういうイベント映像見るの苦手だーって言ったのですが、
今回チャドさんが面白おかしくイベント回してくれたので全編普通に見られました。
というか面白かった…。

自分以外のキャストが上げた、自分の演じるキャラの特徴を当てるクイズコーナーや、新しいPVの紹介など、
あぁこれ会場で見たかったなーって感じです。

ふと思ったけど、数年来やってきてるタイトルに新メインキャストとして入ってくる佐倉さんは普通ならすげえ肩身狭い気がする。
映像だと特段そんなことなかったけど。

最後こっそり見てたの見つかっていじられる原作者先生が面白かったです。

 

封入特典:ブックカバー
oregairu2bd_1_3
なんか公式サイトにもAmazonにも記載が無かったのですが、特典にブックカバーがついてきます。
見てわかる人はおわかりの通り、劇中で雪ノ下が文庫を読むときに使用しているものと同じデザインですね。
ビニール系のちょっと厚手のもので、多少濡れたくらいなら全然カバーしてくれそうです。

 

oregairu2bd_1_9
上手いこと大きく映ってるシーンが見つからなかったのですが、これですね。

劇中に出てくるアイテムをグッズ化、ってすごい好きなのでこれは超嬉しかった。
のですが、なんで公式にも記載がないんだろう…。

 

特典小説:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。a
oregairu2bd_1_7
さて最後は特典小説の話を。
1期の頃のものよりだいぶ薄いですが、代わりに今回は全巻に特典として封入されるそうです。
なかがきによると別途文庫化するのは厳しそう、とのことですので欲しい人はBD買おう。

内容はなかがきを含めて95ページ。
クリスマスイベントが終わったあと、年が明ける寸前のエピソードのようですので
アニメで言うと10話のAパートとBパートの間に挟まる出来事ということになります。

これがね、まさかの折本回だった。
前半はゆるーい奉仕部メンバーの冬休みって感じで、そうそうクリスマスイベント終わった後はこんなの見たいと思ってた、
って感じですね。
3人で適当に街をぶらついて映画見たり喫茶店入ったり、ともうお前ら普通に青春してんなコレ!
折本に大爆笑された「飯はサイゼで」をガハマさんらは普通にOKしてくれたのが嬉しい。
というか、提案してきた相手への好感度の話ですよねこれ。
多分折本相手だったら洒落た店提案しても大爆笑だったでしょうし。

そして超貴重な、原作本編でも一度もなかった「雪ノ下が八幡をヒッキーと呼ぶ」展開が!
しかも超赤面しながら言うの!何これ!
雪ノ下がこんなあざといことするの初めてなんじゃないの…。

このあとに原作11巻(アニメラスト2話)が待ってると思うとすげえ辛い。

後半は折本が登場して、八幡に対して今後の布石になるような、怖いことを聞いてきます。
本人が否定していたとおり、いまさら折本×八幡なんて展開にはならないのでしょうが、
かつてフっただけあってか、八幡の変化を感じ取ってか、折本なりに八幡への興味が出てきてる感じですね。

中学の頃のままの八幡だったら、折本はこんな話しなかったんだろうなー、とか
「誰にでもそういう態度」って枠から一歩くらい距離近づいてるなー、とか
珍しく恋愛の絡まない女性関係が新鮮で楽しいです。

2巻以降の特典でこのシーンの連続した続きが見られるのか、
全く時系列やエピソードの方向性が変わるのかはわかりませんが、
折本と八幡の会話はもうちょっと見ていたいなーと思いました。

 

ということでBD1巻でした。
映像自体は1話しか入っていないのですが、映像特典が豊富なことや
描きおろし小説が1冊ついてくること、グッズ特典も付いてることなどかなりのお得感。
アニメも1話は特段重いこともなく修学旅行を楽しむ皆が見られて満足でした。

ただこの調子だとBD2・3巻はずっと奉仕部がギスギスしてる映像を収録することになるんじゃないかな…。

更新履歴
カテゴリ一覧
CLOSE